生き物(野鳥・昆虫・動物)

2018年6月16日 (土)

遠征レポート その3 エゾアカゲラとオジロワシ 2018年6月16日掲載

今回は釧路の森にいたエゾアカゲラと霧多布湿原で遭遇したオジロワシです。
天候は曇り時々晴れで最低気温と最高気温はそれぞれ10度前後と15度前後でした。風は冷たく、曇るとヤッケが必要でした。
しかし春真っ最中を象徴するかのように、移動する車中から眺める牧場の景色はタンポポの花で覆われ、なだらかな丘に立つ木々の若葉色、そしてさらに遠方に見える森には針葉樹と広葉樹の織り成す濃淡緑色の見事なコントラスト。また、この景色は現役時代にドイツへ春に出張に行った時の列車からの眺めによく似ていたので、懐かしささえ覚えました。

釧路の森のエゾアカゲラ
釧路と言えば湿原で有名ですが、今回は郊外の森に住む野鳥たちに会いに行ってみました。駐車場に車を止めて車外に出るとあちこちから小鳥の囀りが聞こえてきました。鳥の濃さを感じます。
やや高い木の梢にパッととまった大き目の鳥がいたので双眼鏡で確認すると、それはエゾアカゲラでした。チョコチョコと動き回っているかと思うと隣りの木へ飛び移ったり、なかなかシャッターボタンを押させてくれません。なお、これは赤い色が少ないので雌でした。

霧多布湿原のオジロワシ
釧路湿原に比べれば規模は小さいとはいえ、その広さは迫力があります。ここでいきなり森の陰から現れたのはオジロワシでした。その悠々と舞う貫禄はごつい嘴も含め圧倒的で、人々の視線を釘付けにするほどです。ゆっくりと羽ばたき、風を捉えて旋回しながら高度を増していく猛禽類に良く見られる飛び方ですが、迫力が違います。
なお、現地の方によると名前の由来である白い尾羽は若鳥や老鳥では他の部位と同じ色をしているものが結構多いそうです。

では、エゾアカゲラから登場です。2018527_100ndmc_0960

2018527_100ndmc_0961

2018527_100ndmc_0965

2018527_100ndmc_0970

2018527_100ndmc_0985

2018527_100ndmc_0988

2018527_100ndmc_0999

2018526_100ndmc_0034

2018526_100ndmc_0036

2018526_100ndmc_0041
次回「その4」はクマゲラです。






2018年6月15日 (金)

速報! チョウゲンボウの雛巣立つ 2018年6月15日掲載

チョウゲンボウの雛が巣立つ頃だと予想して、その後の様子を見にいてきましたので、遠征レポートの合い間に速報させて頂きます。

6月5日掲載の速報で、雛の数を4羽と記載しましたが、今回行って再確認したところその数は5羽でした。皆元気に成育中です。
5羽の内の2羽は既に巣の前にある梁に飛び移り、羽ばたきの練習や助走の練習を行っていました。
親鳥が給餌に運んでくる獲物はバッタのようなものがほとんどで、大きく育った雛たちを満腹にするのは大変な事です。これまでに獲物を獲り尽くしているいるのか、しかもかなり遠くまで行っているようで、20~30分経過しないと戻って来ません。一瞬の給餌を済ませると親鳥はすぐに次の獲物を求めて狩りに出かけるという状況でした。

さて、親鳥が給餌に来た時に、梁に出ていた2羽の雛の内の1羽が羽ばたき、梁から落ちてしまいました。親鳥はすぐに狩りに出かけましたが、落ちた雛は巣の下にあるアーチ状の橋桁の底に降りたので、そこが見える場所にかカメラマン諸氏が集結、それぞれの機種独特の連写音による合奏曲が早朝の住宅街にこだましました。
その雛は親鳥に自分の異常事態を知らせようとしているのか、盛んに鳴きながら急斜面を巣の見える高さの場所を目指して登っていきました。この雛にとって初めての経験ですから、その不安そうな様子が表情を通してこちらに伝わってきます。
暫くすると親鳥が異変に気付いたようで、橋の上空を何回も旋回して、我が子の安否を確認しているようでした。きっと橋桁で給餌され、数日後には付近の枝にとまっている姿が見られると良いのですが....
これがチョウゲンボウの巣立ちなのでしょう。私は初めてそれを見たというわけです。

では、この日の彼らの様子をご覧ください。
5_2018613dmc_0197

2018613dmc_0227

2018613dmc_0285

2018613dmc_0096

2018613dmc_0130
雛落下(巣立ち)の瞬間2018613dmc_0301

2018613dmc_0318

2018613dmc_0325

2018613dmc_0313

2018613dmc_0330

2018613dmc_0349
異変を知らせようと大声で鳴いています。2018613dmc_0357

2018613dmc_0361
我が子の異変に気付いて旋回中。親鳥の羽はもうボロボロになっています。2018613dmc_0445

2018613dmc_0448

2018613dmc_0393

2018613dmc_0428






2018年6月13日 (水)

遠征レポート その2 ノビタキ、ハシブトガラ、ベニマシコ、メボソムシクイ 2018年6月13日掲載

「その2」では移動途中の農道で遭遇した野鳥たちです。往路でよく鳥の姿を見かけたので、復路はゆっくり走行して、彼らの姿を見かけたら邪魔にならないところに駐車して撮影しました。人の姿もそうですが、車の往来も少ない幹線道路から外れた農道は野鳥が多く、しかも比較的近距離で撮影出来ます。では、今回登場する野鳥たちを紹介させて頂きます。曇天で発色がいまいちなのをお許し下さい。

ノビタキ
夏の装いに衣替えした雄と雌をあちこちで見かけました。農道わきの木と電線を行き来して元気に飛び回る姿を見て、私もパワーをもらったような気がしました。
雄が1羽イモムシを咥えて、どうやら求愛給餌をしようとしているようでしたが、いつまでたってもパートナーが来てくれず、そのうちにイモムシもだらりと力なくぶら下がった状態になってしまいました。君、頑張れと応援したのですが....。

ハシブトガラ
農道近くの林から飛んできて、せわしなく枝から枝へ虫探しをして、いないと判断したのでしょう、すぐに何処へと飛び去ってしまいました。

ベニマシコ
続いてやってきたのは真っ赤なお腹をした1羽の雄のベニマシコです。まさかここで彼にお目にかかれるとは夢にも思っていませんでしたから、急いで撮影体制に入り、10カットくらい撮ったところで獲物もないと判断したのか遠くの森へと飛び去ってしまいました。もう少し撮りたかったのですが、残念!

メボソムシクイ
この場所は色々な野鳥の通り道になっているようで、ムシクイもやって来ました。さて、問題は何ムシクイなのか? ムシクイの仲間は実に外見での判別が難しいのです。双眼鏡で確認したところ、頭央線がないのでセンダイムシクイではないようでした。お腹の両サイドが汚白色、真ん中付近に淡い黄色があること、地鳴きと囀りからメボソムシクイだろうと結論付けました。

では最初にノビタキから登場です。
2018527_100ndmc_0280

2018527_100ndmc_0262

2018527_100ndmc_0324

2018527_100ndmc_0330

2018527_100ndmc_0424

2018527_100ndmc_0426

2018527_100ndmc_0333

2018527_100ndmc_0339

2018527_100ndmc_0340

2018527_100ndmc_0350

2018527_100ndmc_0420

2018527_100ndmc_0421






















2018年6月 9日 (土)

遠征レポート その1 アオジ、センダイムシクイ、タンチョウ、エゾシカ 2018年6月9日掲載

北海道に遠征に行ってきましたので、今回から現地の鳥事情を中心に4回に分けてレポートさせて頂きます。なお、最終回の「その4」では絶滅危惧種で国の天然記念物でもあるクマゲラの様子をたっぷりとご覧頂く予定です。
ではまず「その1」として、霧多布湿原付近で見かけた野鳥などをご覧ください。

アオジ
夏羽に衣替えして鳥体全体の色が濃くなっています。特にお腹の黄色が印象的でした。
茂みの中ばかりでなく、枝にもよく姿をみせてくれました。

センダイムシクイ
ムシクイの仲間は外見での判別をつけるのはとても難しいのですが、双眼鏡で確認したところ、頭頂に白っぽい頭央線があったので、センダイムシクイと判定しました。
枝にとまって天を向いて大きく口を開け、精一杯の囀りをしていました。クリックリの目が愛らしさを増しています。

タンチョウ
湿原に行ってみたら2羽のタンチョウが採餌していました。頭頂が赤くなっていたので、そこそこ何かに興奮しているようでした。相変わらずの上品な美しい姿です。

エゾシカ
レンタカーを借りた時もエゾシカと遭遇することが多いので気を付けるよう注意がありましたし、来る途中の道路にも「シカに注意」の表示が何ヶ所かありました。相変わらず生息数は多いようで、湿原の対岸にも6頭の姿がありました。雄の角もだいぶ大きく成長してきています。また、森の散策路脇の木には樹皮をシカに食べられないように保護ネットが巻かれていました。

ではアオジからスタートです。2018526_100ndmc_0185

2018526_100ndmc_0188

2018526_100ndmc_0005

2018526_100ndmc_0018

2018526_100ndmc_0119

2018526_100ndmc_0137

2018526_100ndmc_0075

2018526_100ndmc_0090

2018526_100ndmc_0095

2018526_100ndmc_0087





2018年6月 6日 (水)

ヒバリとカワラヒワ 2018年6月6日掲載

久しぶりにかつてヒバリが営巣したことのある公園に行ってみました。営巣こそしていませんでしたが、そこにはヒバリの姿がありました。1年ぶりに見るその姿はやはり新鮮さを感じます。失礼ながら、決して愛らしい顔つきではないのですが、これも今の季節の野鳥ですし、ホバリングしながらのピリリ ピリリ、ピィピィリリリというようなその忙しない、しかし朗らかな囀りは存在感があります。独特の冠羽もまた彼らを撮ろうと思う気持ちにさせるのです。

公園の外にある畑には枯れた菜種があり、そこにはカワラヒワの姿がありました。残っている菜種の実を美味しそうに夢中で食べていましたが、私が歩みを1歩進めた途端に一斉に飛び去ってしまいました。つまり、邪魔をしたということになります。
畑の端にある水たまりには丁度水飲みに来たカワラヒワがいました。そして、鉄条網の上には幼鳥の姿が。顔つきといい、尾羽の感じといい幼さが残っていて愛らしい姿をしていました。

では、早速ヒバリとカワラヒワの様子をご覧ください。

2018518_dmc_0094

2018518_dmc_0166

2018518_dmc_0168

2018518_dmc_0004

2018518_dmc_0169

2018518_dmc_0182

2018518_dmc_0183

2018518_dmc_0008

2018518_dmc_0026

2018518_dmc_0028

2018518_dmc_0050

2018518_dmc_0141

2018518_dmc_0142









2018年6月 5日 (火)

速報!チョウゲンボウの雛たち、巣立ちも近そう 2018年6月5日掲載

そういえばチョウゲンボウの雛たちが、巣の外に姿を見せる頃だろうと思い出かけてみました。現着は7:00。既に10人ほどのチョウゲンボウ雛ファンの方々が待機中でした。
早速私も参入させて頂き双眼鏡で巣を覗くと雛の姿は見えませんでした。暫くすると巣の奥にいた雛が出てきたので、まずはその姿をXQDカードに収め親鳥の帰りを待ちました。
そのうち雛たちの声が聞こえてきました。きっと空腹なのでしょう。親鳥が巣に向かってくるのを見つけると、その声はいっそう大声になります。給餌は一瞬に行われるので、シャッターチャンスは極めて短時間ですから、即対応できるように速写ストラップを着用してその一瞬のチャンスを待つことにしました。
来たぞっ!と思わず出たどなたかの声に雑談は一瞬にして終わり、カメラの照準は巣へ。
親鳥はすぐさま獲物を捕りに出かけてしまいます。そして給餌前には出入口に出て来ていた雛たちも巣の奥へと入ってしまい、再びオジサンたちの雑談タイムが暫らく続くのです。

チョウゲンボウの雛たち
この巣には4羽の雛が成育中です。そのうちの2羽がいつも前列にしゃしゃり出てきています。残りの2羽の内の1羽は一番小さく、給餌の時にやっと出て来て姿を見ることができます。何しろ狭い巣の空間に4羽が並ぶのは大変なのでしょう。でも、給餌の時にその4羽が一瞬並んだシーンも撮れたので、どうぞ愛らしい巣立ち前の彼らの姿をご覧ください。
それから、給餌にくる親鳥は何故か父鳥ばかりでしたが、狩りの疲労が溜まっているのか痩せてしまったように見受けられました。頑張れ父さん!と思わず心の中で応援してしまいました。
なお、後に父鳥と母鳥が仲良くランデブー飛行をしている姿を確認したので、恐らく家事の分担をしているのでしょう。
4_201864dmc_0040

4_201864dmc_0078

4_201864dmc_0108

4_201864dmc_0154_2

4_201864dmc_0126

4_201864dmc_0157

201864dmc_0129

201864dmc_0098

201864dmc_0284

201864dmc_0193

201864dmc_0256

201864dmc_0289

201864dmc_0230




2018年6月 2日 (土)

飛べ飛べイソシギ、キアシシギ 2018年6月2日掲載

今回はイソシギとキアシシギの翼を広げている姿を特集してみました。
どちらもその飛行速度はかなり早く、ファインダーの中に収めるのに苦労しますが、コアジサシのように飛行方向が予測不能というほどではありません。
飛行中のイソシギは翼の白いラインが目立ち、それなりに美しいのですが、それに対してキアシシギは目をひくような模様は残念ながらありません。

それではイソシギからご覧ください。

2018515_dmc_0477

2018515_dmc_0487

2018516_dmc_0239

2018516_dmc_0240

2018516_dmc_0333

2018516_dmc_0335

2018516_dmc_0336

2018516_dmc_0337







2018年5月30日 (水)

キアシシギ 狩りの様子 2018年5月30日掲載

再び多摩川へ。今回はキアシシギの狩りを撮りに行ってきました。なぜわざわざ出かけたかと言うと、コアジサシを撮りに行った時にすぐ近くの中州にキアシシギが頻繁に飛来して採餌していて、彼らの狩りの姿を間近で見るのは初めてだったからです。では、早速その時の様子をご覧ください。

キアシシギは流れの中の石に付いている昆虫などや環形動物を餌にしているとばかり思っていましたが、実際にはそればかりではなく通りすがりの稚魚を目にもとまらぬ早さで捕食するというアクティブな行動をとっていました。しかも嘴を開けて流れに顔を突っ込むときは目を瞑っています。恐らく目視のあとは嘴の先端や舌がセンサーとして機能し、魚の感触を感知すると瞬時に嘴を閉じて捕捉するのではないかな、などと勝手に推測して彼らの狩りを見させてもらったというわけです。なお、この日は捕捉確率70%くらいで、非常に良い成績でした。

狩りの基本的なプロセスは、まず流れの中で魚の通り道となっている所の水面を見つめ、魚影を見つけたらチョンという感じで嘴を水面に突っ込みます。そこで魚が逃げればその方向へツツッーと素早く追いかけます。捕捉したら浅瀬や中州に上がって、魚の暴れ方が落ち着いたところを見計らって、チュルチュルっと一瞬で一気飲みです。
興味深いのは捕捉した魚の多くが尾に近い部分を嘴で捕まれていることです。さて、何故そうなるのか?前述のように水中では目視ではなく、嘴の先端や舌で魚の感触を感知してから嘴を閉じると、どうしても目視で魚の行動を予測し、つかみかかるのに比べて時差が生じるためではないだろうかと、これまた勝手な推測に思いを巡らしてしまうのです。そして、咥えなおして魚の中央付近を咥えます。

狩場争いもあるようで、後から別の1羽が先にいるキアシシギの頭上から威嚇するように降り立ち、先にいた方が追われて走り去るといった場面もありました。

2018515_dmc_0400

2018516_dmc_0270

2018515_dmc_0223

2018515_dmc_0244

2018515_dmc_0247

2018515_dmc_0298

2018515_dmc_0300

2018515_dmc_0604

2018515_dmc_0725

2018516_dmc_0024

2018516_dmc_0026

2018515_dmc_0405

2018515_dmc_0213

2018515_dmc_0214

2018515_dmc_0195


















2018年5月26日 (土)

スッポンとライギョ 2018年5月26日掲載

コアジサシやキアシシギなどの野鳥にならって私も水面を覗き込んでみました。この日の川には鯉、稚鮎、アカミミガメなどの姿がみられましたが、意外だったのがスッポンにライギョがいたことでした。
スッポンは天然のものか、養殖されていたり飼われていたものが逃げ出して野生化したものか不明ですが、久しぶりに見たのでシャッターを切ったのでした。
スッポンと言えば鍋料理や雑炊に始まり、生々しいのですが生き血の赤ワイン割りなどが代表的な料理法でしょう。栄養豊富なスタミナ食と言われていますが、食糧事情の良くなかったかつての話ではないでしょうか。

さて、次はライギョです。ライギョにはカムルチーとタイワンドジョウの2種類があるそうです。また、頭部が蛇に似ていることからスネークヘッドとも呼ばれています。
日本ではこの両者を総称してライギョと呼ばれているようです。
簡単な見分け方は背びれの形状で、背びれの始まりから終わりまで同じ高さなものがカムルチー、始まりから概ね2/3の辺りまで低く、そのあと高くなっているものがタイワンドジョウだそうです。それからすると、私が撮ったのはどうやらカムルチーのようです。
カムルチーは1923~1924年頃に朝鮮から奈良県に移入され、タイワンドジョウは1906年に大阪府堺市に移入されて、それぞれ各地に広がり今に至っているそうです。
2018515_dmc_0133

2018515_dmc_0137

2018515_dmc_0171

2018515_dmc_0107

2018516_dmc_0061

2018516_dmc_0062








2018年5月23日 (水)

酒匂川のイソシギ、コサギの諍い、コチドリ、稚鮎、ニホントカゲ 2018年5月23日掲載

酒匂川の続編として、今回はコアジサシ以外に見かけた野鳥と生き物をご覧ください。
最初はイソシギの登場です。突然飛来しいてすぐに飛び去ってしまいました。飛んだ時の翼に現れる白いストライプが個人的には結構気に入っています。

2番目はコサギです。鳥自体は珍しくもありませんが、この時はたまたま諍いが発生して、片方は水面に叩き落されてしまったという特別な状況だったので、掲載させて頂きました。

3番目の登場はコチドリです。縄張り争いなのか求愛なのかわかりませんが、1羽がもう1羽を鳴きながら猛スピードで追いかけ回していました。そのため、ファインダーの中で追尾するのに苦労しました。黄色のアイリングが目立つ可愛らしい顔つきの小鳥です。

4番目は稚鮎の出番です。ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カワウ、カワセミ、キアシシギ、ユリカモメ、ウミネコなど、敵の数を挙げればたくさん挙げられますが、彼らのエサとして毎日とてもたくさんの稚鮎たちが犠牲になっています。それでも毎年たくさんの稚鮎が生まれてくるわけですから、犠牲になる数があらかじめ見積もられているのではないかとさえ思えます。

最後はニホントカゲですが、最近あまり見かけなくなりました。きっと人の手が川のすぐ近くまで及んでいるからなのだろうと勝手な説を唱えて、自分を納得させています。


2018512_dmc_0014_2

2018512_dmc_0219

2018512_dmc_0220

2018512_dmc_0007_2

2018512_dmc_0008

2018512_dmc_0110

2018512_dmc_0654

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ