生き物(野鳥・昆虫・動物)

2018年2月24日 (土)

トラツグミ、ヒレンジャク、アオゲラ、シロハラ 2018年2月24日掲載

朝、出かける時にイグニッションボタンを押したら、路面凍結の可能性ありのアラームが鳴り、外気温が3℃と表示されていました。でも最近のディーゼルエンジンは外気温が0℃くらいにならなければグロープラグで予熱しなくても即始動できるようです。

この日は春を予感させる暖かさになるとの予報だったので、野鳥たちの活動も活発なのではと期待に胸を膨らませて出陣したというわけです。
ターゲットはミソサザイとレンジャクとしましたが、前者は撮った方もいらっしゃったのですが私は逃しました。後者は前日は3回飛来したそうですが、この日は公園外にある高い木の梢に1羽だけ。すぐに飛び去ってしまい、以後は現れませんでした。残念!
その代わりトラツグミとシロハラ、アオゲラが相手をしてくれたので、空戻りは避けられたという状況です。
よって、今回はトラツグミを中心に掲載させて頂きます。

トラツグミ
相変わらず薄暗い植え込みの中で数歩チョコチョコっと歩いては足を前後させて落葉をガサゴソと掻きまわして、潜んでいる虫を採餌していました。
2018220dmc_0032
実際の暗い植え込みを再現してみました。これは400mmレンズで撮影した画像なので、何とか被写体を識別出来ますが、肉眼ではトラツグミの羽の模様が地表に溶け込み、注視しないと見つけられません。2018220dmc_0046
ISO感度を上げたり、調整して撮影したのがこの写真です。Iso6400_f10_401_2018220dmc_0046
足を前後に動かして体全体を震わせて落葉の中に潜んでいる虫をたたき起こしているところです。面白いことに、首から上はまるで高機能のスタビライザーを装備しているかのように全く震えていないことです。 後述するシロハラのそれとは大きく異なります。2018220dmc_0031

2018220dmc_0037
後姿です。羽の並び方がよくわかります。2018220dmc_0043

2018220dmc_0045

2018220dmc_0050

2018220dmc_0067

2018220dmc_0072

ヒレンジャク
又もや遠い高いところにとまっていました。通常数羽の群れでやってくるのですが、何故かこの鳥は単独行動でした。2018220dmc_0021
ヒレンジャクのまわりには無数の小さな虫が飛んでいます。春のがすぐそこまで来ていることを感じさせられます。2018220dmc_0015_2

アオゲラ
突然レンジャクの良くとまる木に2羽の野鳥が飛来しました。「来たぞっ!」という思わず出てしまった声がどこからか聞こえてきました。よく見るとそれはアオゲラでしたが、一斉に連写音が聞こえて、皆さんもやや興奮状態でした。梢に上り詰めると一斉に飛び去ってしまいました。2018220dmc_0013

シロハラ
私同様に空振り防止にレンジャクのポイントへ向かう途中にこれを撮っていく方が結構いらっしゃるようです。2018220dmc_0001
この鳥は前述のトラツグミと違って、主に嘴で落葉を飛び散らすようにして潜んでいる虫をたたき起こすやり方をするようです。だから頭も体と共にブルブルっと動いてしまっています。2018220dmc_0004

2018年2月21日 (水)

ミソサザイ 2018年2月21日掲載

出没しそうなポイントをゆっくり歩いて立ち止まったその時、少し離れた場所の方が私の足元からミソサザイが水路に入ったと教えてくださいました。皆集まって暫く待っていると、水路から飛び出して来て、体を右へ左へ交互に振りながら囀り始めたのです。しばらくそれを繰り返してくれたので、やっと今季少しばかりマシな写真撮れました。
毎年思うのですが、せいぜい10cmくらいの体なのに、意外とその囀り声はおおきいのが意外です。
そんな可愛らしいミソサザイの姿を今回掲載させていただきました。

ミソサザイ
水路から飛び出して来て、朽ちた杭にとまりました。
2018219dmc_0059

2018219dmc_0041
好物の蜘蛛を食べたのでしょうか、嘴から蜘蛛の糸を引っ張っています。
2018219dmc_0060
囀りが始まりました。
2018219dmc_0077

2018219dmc_0085
再び右向きです。
2018219dmc_0106

ルリビタキ 雌
久しぶりにお目にかかれたので彼女も掲載させていただきました。2018219dmc_0003

2018年2月17日 (土)

ヒレンジャク 2018年2月17日掲載

あの個性的な冠羽と顔つきのレンジャクに会えることを期待して、この日も勇んで出かけました。現着すると既に高い木の梢には6羽ほどのヒレンジャクの姿があるではありませんか!
ヒレンジャクは少し移動して小枝の茂る高い木へ。どこか枝掛かりにならない場所はないものかと探したものの、その細かい入り組みに阻まれ、適当なポイントは見つけられませんでした。
飛び去る前に撮らなくてはとカメラを構え、スポットフォーカスに設定してもフォーカスポイントが入り組んだ小枝に重なってしまい、ヒレンジャクにピント合わせができません。他の皆さんも同じ問題で苦労されていたようで、時折ぶつぶつと独り言が聞こえてきました。
被写体が高い木の梢にいたことと、入り組んだ小枝で今回良い写真は撮れませんでしたが、私にとって今年初めてのレンジャクなので掲載させていただきました。

ヒレンジャク
既に満腹のようで、採餌することはなく食後の休息をとっているように思えました。右へ左へと周囲を見回していました。2018215dmc_0157_2

2018215dmc_0176_2

2018215dmc_0202
他の場所へ移動したので、他の皆さんに続いて私も飛び去った方向へ出向きました。2018215dmc_0353

2018215dmc_0355

2018215dmc_0396

2018215dmc_0411

2018215dmc_0435

2018215dmc_0551

2018年2月14日 (水)

モズの表情 2018年2月14日掲載

レンズの修理も完了し、弁慶の泣き所を打撲した腫れも引きはじめ、お陰様で撮影に行かれるようになりました。
そして期待に胸を膨らませてレンジャク撮りに出かけたのですが、振られてしまいました。
よって、今回はレンジャク撮りに集まった皆さんと私を飽きさせずに、様々な表情を見せてくれたモズ君をご覧下さい。

モズ君

彼の表情をご覧になって何を思っているのか想像してみてはいかがでしょうか。
2018213dmc_0007

2018213dmc_0015

2018213dmc_0019

2018213dmc_0029

2018213dmc_0031

2018213dmc_0046

2018213dmc_0056

2018213dmc_0067

2018213dmc_0082

2018213dmc_0097

2018213dmc_0108

2018年1月30日 (火)

アオゲラ 2018年1月30日掲載

常用の400mmズームレンズのズームリングが動いたり動かなかったり。そして、レンズの中には金属の削りカスのようなものが多数見られました。これは大変だ!すぐにメーカーのサービスセンターへ駆け込むと、修理費用は¥46.000、-から最悪の場合¥100.000、-で、修理期間は約2週間とのことでした。
さあ困った、修理期間中どのレンズで埋め合わせをしようかと、PCを立ち上げて保有レンズリストをチェック。FXフォーマットの300mmズームレンズとカメラの1.3倍クロップを使えば585mm相当になるので、苦肉の策としてこれで乗り切ることにしました。
この予期せぬアクシデントに加えて先週の積雪の影響もあり、ブログ更新を約1週間ほど休ませて頂きましたが今回から復活です。
併せてかつての、ある総理大臣だった方の「世の中にはいろいろな坂があり、 ま さ か という坂もあるんです」という発言を思い出した次第です。

アオゲラ
今回の狙いはレンジャクでしたが残念ながら姿を見せてくれませんでした。でも、アオゲラが姿を見せてくれて、私の相手をしてくれました。
大きな声でいつものようにケッケッケッと鳴いたり、ピーーーッと鳴いたりもしました。後者の鳴き方は私は初めて聞きました。この鳴き声はいったい何を意味しているのでしょうか。もしかして春に向かってパートナー募集中というアピールなのかな?2018129_2018118dmc_0011
こちらに視線を向けながら、この枯れた桜の枝をつつきまくっていました。
2018129_2018118dmc_0013

2018129_2018118dmc_0018

2018129_2018118dmc_0034

2018129_2018118dmc_0042

JASDF EC1 電子戦訓練機 No.78-1021
EC1はこの1機しか存在しないので珍しい部類に入ります。航空自衛隊入間基地から離陸したものと思われます。機首、胴体前部と後部日の丸の前、そして尾部に黒い膨らんだアンテナフェアリングが特徴です。Jasdf_ec1_no781021_jan292018_201811

2018年1月21日 (日)

トラツグミとシロハラ 2018年1月21日掲載

今回もミソサザイが苔むした岩にとまったところを狙って出かけましたが、見事にその企ては実りませんでした。一瞬姿を捉えたのですが、慌てふためいてシャッターを押すのが精いっぱいでした。確かにいたので証拠写真として以下に掲載させていただきます。
ミソサザイに見放されてしまい、落胆している気持ちを少し上向かせてくれたのがトラツグミとシロハラでした。よって、今回は彼らのこの日の姿を掲載させていただきます。

余談ですが、ひとつ驚いたことがありました。それはルリビタキの雄が高木の枝を鳴きながら移動する姿を見たことです。この鳥は植え込みや藪から出て来て、近くの低い枝などにとまるものだと思っていましたが、これを覆す出来事だったわけです。

上述のミソサザイの証拠写真2018118dmc_0004

トラツグミ2018118dmc_0079


2018118dmc_0118_2
葉っぱに顔を半分隠していますが、目はこちらを注視しています。2018118dmc_0057

2018118dmc_0065

片足をズズッと前に動かして枯葉の中に潜む虫が飛び出してくるのを狙っています。効率を高めるためか、嘴や尾も使って枯葉をガサゴソ掻きまわしていました。2018118dmc_0078

2018118dmc_0122


シロハラ
苔生した岩の上にとまると、これもそれなりに絵になります。でも、ここで頭をよぎるのが「これがミソサザイだったら...」との思いです。2018118dmc_0016

2018118dmc_0023

この仕種はトラツグミ同様、この鳥がツグミの仲間であることを彷彿させます。2018118dmc_0039

2018118dmc_0046

2018118dmc_0101_2

2018118dmc_0156_2


福寿草
花の少ない時期に咲く可憐な花に、つい目を向けてしまいました。2018118dmc_0166

2018年1月19日 (金)

ルリビタキ他この日の野鳥 2018年1月19日掲載

再びミソサザイ狙いで出かけましたが、今回は一瞬飛ぶ姿を見るにとどまり、撮る事は出来ませんでした。人の気配が多いせいでしょうか、警戒して草に覆われた水路に身を隠して出てきませんし、出たと思ったら木道の下へ。そして行方不明となりました。
よって、今回はルリビタキなど、この日私の相手をしてくれた野鳥たちを掲載させて頂きました。

ルリビタキ雄
まだ朝日の差し込まない植え込みから飛び出して、長時間姿を見せてくれました。この個体は上面の青い羽に黒っぽさが多く、また、脇腹の橙黄色はとても鮮やかです。また、白い眉斑もはっきりしています。
2018116dmc_0005

2018116dmc_0026_2

2018116dmc_0031_2

2018116dmc_0037_2

2018116dmc_0041_2

シロハラ
日陰の茂みで積もった落葉を嘴で掻き分けて採餌していました。
2018116dmc_0066_2

2018116dmc_0067_4

オオタカ

鉄塔のてっぺんに何かとまっていたので、双眼鏡で確認するとそれはオオタカでした。右を見たり左を見たりして獲物を探しているようでした。なお、真逆光のためこのような写真となりました。2018116dmc_0075_3

ハイタカか?
鉄塔のオオタカを眺めていたら頭上にスーッと滑空する別の猛禽類が現れ、双眼鏡を覗くとチョウゲンボウより少し大きく、腹の模様はオオタカのようですが尾羽先端の形状がどうも違うのです。ハヤブサにしては尾が長いし。さて、何者? 帰宅後写真を確認すると広げた羽の先端の特徴などからツミでもなく、ハイタカではないかとの結論に達しましたが、確定に至っていません。2018116dmc_0093

2018年1月17日 (水)

アオジとシメ 2018年1月17日掲載

ミソサザイに会いに行きましたが、その鳴き声を今ここで聞いた、今ここに入ったと言った情報を他の方々から教えて頂くにとどまり、結局姿を目にすることは出来ませんでした。残念!よって、今回はこの日私に姿を撮らせてくれたアオジとシメをご覧ください。
それから上空を航過飛行したYS11EAもご覧ください。

アオジ
まだ朝日が差し込んでいない公園の歩道に3羽のアオジが採餌していました。歩道の端を人が通っても縁石に一時避難するだけで、警戒心の強いイメージの彼らとは思えませんでした。
2018115dmc_0021


2018115dmc_0025

シメ
積もった枯葉を掻き分けて採餌するのは一苦労のようでした。
2018115dmc_0030

2018115dmc_0042_2   

2018115dmc_0048_4


JASDF YS-11EA No.12-1162
上空を航過飛行する懐かしい旅客機YS-11を電子戦機に改造した機体で、航空自衛隊入間基地に配備されています。退役もそう遠くないでしょうから、撮るなら今のうちです。Jasdf_ys11ea_2018115dmc_0027_2

2018年1月 6日 (土)

多摩川のホオジロとシメ 2018年1月6日掲載

お知らせ:
遠征のため、1週間程度更新を休ませて頂きます。

今回は多摩川に住んでいるホオジロにスポットを当ててみました。
枝にとまっている姿はよく見かけるのですが、地上に降りて採餌する姿はあまり見たことがありません。では、この日の彼らの様子をご覧ください。

また、久しぶりに顔を見せてくれたシメも掲載させて頂きました。

ホオジロ
分類上はスズメの仲間ですが、雄の歌舞伎の隈取りを連想させるような独特の顔は一度見たら忘れることはないでしょう。
反面、雌は雄のような個性的な顔つきはしておらず、何となく優しい顔つきに思えるのは私だけでしょうか。
20171230dmc_0240


20171230dmc_0085


20171230dmc_0251

20171230dmc_0239
採餌中です。観察していると雑草の果穂についている小さな実をしごいて食べているように見えました。さて、その雑草は何なのか気になり調べてみたところ、どうやらイネ科のメヒシバの仲間のようです。皆で夢中になって食べていたので、さぞかし彼らにとっては美味なのでしょう。20171230dmc_0230

20171230dmc_0234

20171230dmc_0104

20171230dmc_0119

20171230dmc_0148

20171230dmc_0152

20171230dmc_0158

20171230dmc_0197

20171230dmc_0204

シメ
「我が道を行く」風に単独でいることの多い鳥です。この日もポツンと1羽でとまっていました。この個体は体色の感じからして、雌だと思われます。20171230_dmc_0385

20171230_dmc_0387

2018年1月 4日 (木)

今季初のトラツグミとシロハラ 2018年1月4日掲載

この日の狙いはミソサザイだったのですが、見事に空振りでした。
その代わりに今季初のトラツグミとシロハラが、茂みの中にチラチラと姿を見せてくれたので、この日はこれに特化することにしました。

トラツグミ
この場所は両側を樹木が覆っているために、日光が届きにくくなっています。その為、とにかく暗いので、茂みの中を歩くこの鳥はその保護色も相まってファインダーの中で捕らえるのに苦労するのです。以下の写真でその雰囲気を体験してみてください。

ファインダーから覗いた状態に近い画像です。どこにトラツグミがいるでしょうか?201812dmc_0086_01
明るく撮れるようにカメラを設定して撮ると...201812dmc_0086_2
こちらの様子をうかがっています。 201812dmc_0074

201812dmc_0103

201812dmc_0145_2

シロハラ
姿を現し始めたころは久しぶりだとカメラを向けられる方が多いのですが、そのうち「何だシロハラか」と飽きられてしまう鳥の1つではないでしょうか。この個体はお腹があまり白くありませんが、もっと白い個体もいます。201812dmc_0017

201812dmc_0027

201812dmc_0038

201812dmc_0044


より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト
無料ブログはココログ