« 道東遠征 その5 鶴居周辺のタンチョウとオオハクチョウ 2018年11月17日掲載 | トップページ | カイツブリの水蜘蛛の術 2018年11月21日掲載 »

2018年11月19日 (月)

本物のオスプレイ(ミサゴ)が狩りの仕方を披露してくれました 2018年11月19日掲載

ハヤブサの姿を撮ろうと多摩川へ出かけてみたのですが、最近は一時期のように姿を見せてくれないとの常連さんからの情報に不発の予感が.....
そしてそれは的中する結果となったのです。しかしながら双眼鏡で見回したら、2羽のミサゴが下流で競い合うように狩りをしているのを発見しました。こっちへ来てくれないかと皆祈るような気持ちで期待していたのですが、彼らはさらに遠方へ。落胆の時が暫らく続いたのですが、突然上流から私たちの頭上に1羽の猛禽類が飛来、それはミサゴでした。連続したシャッター音が聞こえ、皆さんも一斉に撮影開始です。
ミサゴは急旋回して私たちの目前で急降下し、その卓越した飛行術を存分に披露してくれたのです。獲物をゲット出来たら私たちの興奮度さらに上がったのですが、それはかないませんでした。
それから、非常に綺麗な羽のミサゴだったので、羽の状態が整っており、見ごたえのある写真が撮れました。

では、そのミサゴの様子をご覧ください。

ミサゴ2018118dmc_0006

獲物めがけて垂直に突っ込むこの姿は凄い迫力がありました。2018118dmc_0007


2018118dmc_0009


2018118dmc_0012

獲物はミサゴに気付き、逃げたようです。水平飛行に移行しかけています。2018118dmc_0014

旋回して体制を立て直します。2018118dmc_0016_01

視線はしっかりと獲物を捕らえています。2018118dmc_0019

再び急降下しましたが、今度は垂直ではなく45度くらいの角度です。2018118dmc_0020


2018118dmc_0021

指をいっぱいに広げて獲物をつかむ体制です。2018118dmc_0032

残念ながら獲物はミサゴの限界を超える深みに逃げ込んでしまったようでした。よって、再び上昇に転じます。2018118dmc_0033

再度狩りの体制を整えるため、旋回しています。2018118dmc_0047

頭上にまでやって来ました。私たちが何者なのか見に来たのでしょうか?2018118dmc_0051_01

旋回を続けます。2018118dmc_0055


2018118dmc_0056_01


2018118dmc_0058

綺麗な翼をしています。2018118dmc_0058_01


2018118dmc_0078


2018118dmc_0080

徐々に高度を上げながら旋回し、この場所から去っていきました。また会う日を楽しみにしています。2018118dmc_0086




« 道東遠征 その5 鶴居周辺のタンチョウとオオハクチョウ 2018年11月17日掲載 | トップページ | カイツブリの水蜘蛛の術 2018年11月21日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604013/67374002

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のオスプレイ(ミサゴ)が狩りの仕方を披露してくれました 2018年11月19日掲載:

« 道東遠征 その5 鶴居周辺のタンチョウとオオハクチョウ 2018年11月17日掲載 | トップページ | カイツブリの水蜘蛛の術 2018年11月21日掲載 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ