« 道東遠征 その4 川湯周辺の野鳥 2018年11月14日掲載 | トップページ | 本物のオスプレイ(ミサゴ)が狩りの仕方を披露してくれました 2018年11月19日掲載 »

2018年11月17日 (土)

道東遠征 その5 鶴居周辺のタンチョウとオオハクチョウ 2018年11月17日掲載

前日に屈斜路湖から宿へ戻る途中の畑に数羽のタンチョウを見かけました。もしかしたら鶴居にもっと飛来しているのではないかと推測し、この日は鶴居の畑に行ってみることにしたのです。鶴居に入ってから周囲の畑を見回すと小さな群れが確認できたので、毎回訪れる畑に行ってみたら、いたのです。その数はタンチョウがおおよそ90羽、オオハクチョウがおおよそ50~60羽くらいでした。ガンの仲間はまだ時期が早いようでいませんでした。
では、今季初物のタンチョウと「その3」で屈斜路湖のオオハクチョウを紹介させて頂きましたが、今回は畑にいるオオハクチョウを紹介させて頂きます。

紅葉と畑の様子
紅葉し始めた背後の山と広大な畑(道民の方からすれば普通サイズかもしれません)に疎らに確認できる白い点の数々はタンチョウです。これの左右に同じくらいの広さの畑があり、そこにはもっと飛来してきていました。畑全体の広さは私からすると広大です。

ところで紅葉とはどのような事が広葉樹で起こっているのか?紅葉前の緑色の葉にはクロロフィルがあり、これで光合成を行っているそうです。休眠期が近づくと木はこの緑色のクロロフィルを葉から春の新芽に使うため回収するので、葉の色が様々に変わっていく現象なのだそうです。つまり、クロロフィルをリサイクルしているというわけです。Tomy_land_20181030dmc_0766

畑のオオハクチョウとタンチョウ
両者は争うことなく仲良く畑で休息し、採餌していました。Tomy_land_20181029dmc_0409

オオハクチョウ
オオハクチョウが飛行する姿も美しく、また、鳥体が大きいので迫力もありますが、私と同じで足が短いため、その姿はタンチョウのそれより見劣りしてしまいます。逆に言えば、それほどタンチョウの飛行する姿が美しいということでしょう。Tomy_land_20181029dmc_0468


Tomy_land_20181029dmc_0469


Tomy_land_20181029dmc_0470_01


Tomy_land_20181029dmc_0489

タンチョウ
ゆっくりと歩きながら採餌していました。何を主に食べているのかと言うと、刈り取った後にこぼれ落ちたトウモロコシの粒等を拾って食べているようです。Tomy_land_20181029dmc_0395

頭頂の赤い部分は羽の色ではなく、血液の色が透けて見えているのです。よって、興奮していない時は赤くありません。興奮度はこれで測定可能というわけです。
また、尾の黒い羽ですが、あたかも尾羽のように見えますが、そうではなく翼の黒い雨覆が翼を折りたたむとこうなるのです。飛行中の姿を見るとそのことがよくわかります。Tomy_land_20181029dmc_0397


Tomy_land_20181029dmc_0401


Tomy_land_20181029dmc_0410


Tomy_land_20181029dmc_0424

タンチョウの親子です。Tomy_land_20181029dmc_0449

少し興奮しています。Tomy_land_20181029dmc_0453

タッチダウン直前です。Tomy_land_20181029dmc_0527_2

こちらに向かってまっしぐらに飛んできました。頭頂は赤くなっていませんから、興奮状態にないようです。Tomy_land_20181029dmc_0537

私の頭上近くを横切って行きました。Tomy_land_20181029dmc_0546


Tomy_land_20181030dmc_0666


Tomy_land_20181030dmc_0673

トラクターが来ても平気で道路を横断し、隣りの畑へ移動して行きます。Tomy_land_20181030dmc_0680

沢山飛ぶとより迫力が増し、反射的にカメラを向けてしまいます。Tomy_land_20181030dmc_0685

羽を広げた姿と飛ぶ姿は「優美」という言葉がぴったりでしょう。 航空会社のマークになったのもうなづけます。Tomy_land_20181030dmc_0689


Tomy_land_20181030dmc_0691

時々コオーッ、コオーッと鳴きながらダンスを披露してくれます。Tomy_land_20181030dmc_0696


Tomy_land_20181030dmc_0700

木々の合い間を巧みに抜けて反対側の畑へ移動して行きました。Tomy_land_20181030dmc_0713

息の合った見事な編隊飛行です。Tomy_land_20181030dmc_0739


Tomy_land_20181030dmc_0741


Tomy_land_20181030dmc_0746
今回の道東遠征のレポートはこれで終了です。ご覧頂きありがとうございました。次回からは再び近郊の野鳥の姿を掲載させて頂く予定です。




























« 道東遠征 その4 川湯周辺の野鳥 2018年11月14日掲載 | トップページ | 本物のオスプレイ(ミサゴ)が狩りの仕方を披露してくれました 2018年11月19日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604013/67352628

この記事へのトラックバック一覧です: 道東遠征 その5 鶴居周辺のタンチョウとオオハクチョウ 2018年11月17日掲載:

« 道東遠征 その4 川湯周辺の野鳥 2018年11月14日掲載 | トップページ | 本物のオスプレイ(ミサゴ)が狩りの仕方を披露してくれました 2018年11月19日掲載 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ