« 多摩川のモズ、縄張り宣言中 2018年10月28日掲載 | トップページ | 多摩川のハヤブサ 2018年11月1日掲載 »

2018年10月30日 (火)

多摩川の空を舞うものあれこれ 2018年10月30日掲載

今回はこの日多摩川の空を舞った様々な飛びものを紹介させて頂きます。つまり、それは野鳥に限らないということになります。
毎日来ているという地元の常連さん達と挨拶を交わし、私はあちこち歩き回ってみることにしました。さて、何が現れるのか期待は膨らむ一方です。きっとこの気持ちは他の方々も同じでしょう。ところがこういう高揚した気分の時は、意外とハズレが多く、ガッカリメーターの指数は鰻上りとなるものです。私の場合、こういう時は何でも撮って、ガッカリ指数を下げる努力が求められるのです。
さて、そのような日の飛びもの一緒くたが今回と言うわけですので、ご覧の方々の中には興味のない被写体もあるかと思いますが、どうぞご容赦ください。

JASDF C2 No.88-1207
航空自衛隊の最新鋭国産輸送機で、従来のC1輸送機の後継機です。C1輸送機が開発された時代は国内輸送のみ念頭においていたため、搭載貨物量最大8t、航続距離1500Kmに対して、海外派遣も念頭に置いたC2は搭載貨物量最大36t、航続距離4500Kmと飛躍的に向上しているそうです。併せて最短離陸滑走距離や最大上昇限度、最大速度もC1輸送機を上回っているとのことです。Jasdf_c2_no881207_20181020dmc_0028


Jasdf_c2_no881207_20181020dmc_0037

アオアシシギ
この日確認できたのは4羽だけでしたが、これから順次数を増していくことでしょう。
残念だったのは、被写体までの距離があまりにも遠かったことです。D850の4575万画素のおかげで、その姿を何とかご覧いただけるかと思います。20181020dmc_0006


20181020dmc_0007


20181020dmc_0001


20181020dmc_0010


20181020dmc_0056

アオスジアゲハ
この姿を見られるのもそう長くないことでしょう。残り少ない時間を精一杯吸蜜している姿です。20181020dmc_0047

シジュウカラ
数は少ないのですが、これから増していくことでしょう。他の旅鳥や冬鳥到来の先駆け的存在なのかもしれません。20181020dmc_0058


20181020dmc_0063


20181020dmc_0070

ミサゴ
突然上空に現れたのですが、狩りをする間もなくカラスに執拗に追われて下流へと追いやられてしまいました。狩りの姿を久しぶりに撮りたかったのに。20181020dmc_0053








« 多摩川のモズ、縄張り宣言中 2018年10月28日掲載 | トップページ | 多摩川のハヤブサ 2018年11月1日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

飛行機(民間機・軍用機)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604013/67297395

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川の空を舞うものあれこれ 2018年10月30日掲載:

« 多摩川のモズ、縄張り宣言中 2018年10月28日掲載 | トップページ | 多摩川のハヤブサ 2018年11月1日掲載 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ