« アザミの花にやって来たチョウ、ハチ、アブ 2018年10月22日掲載 | トップページ | キビタキのアクトレスさんソロ沐浴シーンロケ 2018年10月26日掲載 »

2018年10月24日 (水)

空飛ぶザリガニ 2018年10月24日掲載

公園に咲くアザミの花に集まる虫たちの中で、その存在感No.1なのがホシホウジャクではないでしょうか。今回ご覧頂くのは、このホシホウジャクと同じスズメガの仲間の、ヒメクロホウジャクです。両者とも音もなくホバリングしながらアザミの花に、その長~いストロー状の口を差し込んで蜜を吸っています。よく観察してみると興味深いのは、その長~い口のおよそ中ほどまでは適度な硬度を持っており、それより先の花に差し込む部位は逆にフレキシブルな構造になっているようなのです。これは建設現場でよく見かける、生コンを高い所に送り込む車両のパイプの構造によく似ています。これは恐らく人間がホウジャクからまねたのかはわかりませんが、何か自然の構造からヒントを得たものではないかと個人的に想像します。
もう1点注目したのは彼らの眼です。昆虫の目は一般的にチョウやセミなどに見られるような形状の複眼ですが、ホウジャクの仲間の目は外見上、まるで人間の目のような形をしていることです。
さらに頭部から胴体は、まるでザリガニを彷彿させるような姿格好をしています。でも彼らはガの仲間なのです。
では、最初にホシホウジャクから見事なホバリングの腕前をご覧ください。

ホシホウジャク20181017dmc_0080


20181017dmc_0100


20181017dmc_0146

飛んでいる時は羽の黄色の部分が目立って、それなりに綺麗に見えますが、とまっている姿は蛾そのもので、この派手さは微塵も見ることは出来ません。20181017dmc_0150

移動する時はその長~い口を丸めて収納します。20181017dmc_0184


20181017dmc_0214


20181017dmc_0217


20181017dmc_0247

クマバチのいる所に割り込みです。20181017dmc_0185


20181017dmc_0176


20181017dmc_0180

ヒメクロホウジャク
よく似ているので撮影中は気づきにくいのですが、ホシホウジャクに混じっていたのがこのヒメクロホウジャクです。背中の部分がオリーブグリーンであることと、羽の黄色の部分が殆んどないので写真を見れば判別できます。20181017dmc_0133


20181017dmc_0134


20181017dmc_0137

右がホシホウジャク、左がヒメクロホウジャクです。20181017dmc_0131























« アザミの花にやって来たチョウ、ハチ、アブ 2018年10月22日掲載 | トップページ | キビタキのアクトレスさんソロ沐浴シーンロケ 2018年10月26日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604013/67294556

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶザリガニ 2018年10月24日掲載:

« アザミの花にやって来たチョウ、ハチ、アブ 2018年10月22日掲載 | トップページ | キビタキのアクトレスさんソロ沐浴シーンロケ 2018年10月26日掲載 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ