« 国鉄時代の切符発見!懐かしいアナログの時代 2018年9月12日掲載 | トップページ | 横田基地日米友好祭2018 その2 輸送機編 2018年9月22日掲載 »

2018年9月19日 (水)

横田基地日米友好祭2018 その1 回転翼機編 2018年9月19日掲載

横田基地の日米友好祭に出かけてみましたので、今回から数回に分けて展示機と飛行展示内容を掲載させて頂きます。

今年の日米友好祭は大盛況でした。概ね50分並んでセキュリティチェックを終え、早速場所を確保したら、あまり混まないうちに地上展示機を一通り撮影です。

A10f16cdf2af15jkc767_2018916_dsc000

ここ横田基地は在日米軍司令部をはじめ、在日米空軍司令部、第5空軍司令部、そして後に航空自衛隊総隊司令部も移転してきて、日米の重要な基地機能を果たすようになりました。
滑走路も3.350mあり、大型機の離着陸も可能になっています。

今回の展示機種は米軍機が概ね17機種、自衛隊機が概ね11機種で、特に注目されていたのが、米空軍の特殊作戦機であるCV-22B Osplay, MC-130J Commando II, MC-130P Combat Shadowでした。
時間と共に入場者はどんどん増え、トイレ並びは約30分、飲食物購入に約20~30分待ちという状態で、さらにオスプレイの機内開放にあっては1時間待ちといった混雑ぶりでした。
さて、その混雑の原因は前日にCV-22B Osplayの飛行展示が行われるという報道があったためと判明しました。この飛行展示が終了すると入場者数は半減したのです。

飛行展示(後日に掲載)は米空軍のUH-1N Iroquois汎用ヘリによる救難訓練と前述の特殊作戦機として配備が進む(現在5機配備済み)CV-22B Osplayでした。

では今回の「その1 回転翼機編」をご覧ください。

JASDF CH-47JA No.77-4497
お馴染みのダブルローター輸送ヘリで、CH-47Jの機体両側にある燃料タンクを大型化して航続距離を拡大したのがこれです。側面の丸窓の下側いっぱいまで燃料タンクがせり上がってきています。Jasdf_ch47ja_no774497_2018916_dmc01

JGSDF CH-47J No.JG-2916
群馬県相馬ヶ原の第12旅団第12ヘリコプター隊からの参加です。
前述のCH-47JAと違って、側面丸窓の下部と燃料タンクとの間が離れています。Jgsdf_ch47j_nojg2916_xii_h_1212_201

JASDF UH-60J No.98-4588
救難機U-125Aが救難場所を捜索し、特定したらこの救難ヘリにその情報を連絡して実際の救難作業を行います。この機体のように近年製造された機体には機首に長く伸びた給油プローブが装着されています。Jasdf_uh60j_no984588_2018916_dmc015

JGSDF AH-1S No.73467
対戦車ヘリで、乗員は前後に着座するようになっており、正面の面積を減らし被弾率を減らしています。このヘリも今となっては旧式の部類に入り、最新型は普天間に配備されている米海兵隊のAH-1Zです。Jgsdf_ah1s_no73467_iv_ath_4_2018916

機首に装備された20mmガトリング砲です。Jgsdf_ah1s_20_no73467_iv_ath_4_2018

機体左右にはロケットランチャーとTOWランチャーが装備されています。TOWとはランチャーから発射され、光学的に追尾され、誘導は有線で行われる対戦車ミサイルの1種です。Jgsdf_ah1s_tow_no73467_iv_ath_4_201

JGSDF UH-60JA No.JG-3110
UH-60Jを陸上自衛隊の要求仕様に合わせて大幅に改造されたのがUH-60JAで、救難に留まらず、作戦行動能力も有する機体です。Jgsdf_uh60ja_nojg3110_xii_h_1212_20

US Navy MH-60R No.TA 00 167016
第7艦隊の空母Ronald Reagan以外の艦艇に搭載されるHSM-51(第51海洋打撃ヘリ飛行隊)の機体で、厚木基地をホームとしています。Us_navy_mh60r_ta_00_no167016_201891

US Navy MH-60S No.NF 02 167863
第7艦隊のHSC-12(第12海洋戦闘ヘリ飛行隊)の機体です。機体側面に"COMSEVENTHFLT"と書かれているので、第7艦隊司令官の搭乗機のうちの1機です。
主に揚陸指揮艦Blue Ridgeに搭載される機体と言われています。Us_navy_mh60s_nf_02_no167863_comsev

USAF HH-60 Pave Hawk No.ZZ USAF 6209
米空軍の戦闘捜索救難ヘリで、嘉手納基地から飛来したものと思われます。任務は戦闘地域や遭難した人員を捜索・救難することです。Usaf_hh60_pave_hawk_nozz_usaf_6209r

次回は「その2 輸送機編」を予定しています。









« 国鉄時代の切符発見!懐かしいアナログの時代 2018年9月12日掲載 | トップページ | 横田基地日米友好祭2018 その2 輸送機編 2018年9月22日掲載 »

飛行機(民間機・軍用機)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ