« 横田基地日米友好祭2018 その3 特殊作戦機編 2018年9月26日掲載 | トップページ | 横田基地日米友好祭2018 その5 救難訓練展示編 2018年10月3日掲載 »

2018年9月29日 (土)

横田基地日米友好祭2018 その4 戦闘機・攻撃機編 2018年9月29日掲載

横田基地日米友好祭2018に地上展示された戦闘機は航空自衛隊、米空軍から各々2機種、攻撃機(含む哨戒機)は米空軍、米海軍から各々1機種でした。
なお、昨年のようにグアム基地のB-52戦略爆撃機の展示はありませんでした。
個人的には航空自衛隊のF-35A戦闘機が展示されていればと期待していたのですが、それは残念ながらかないませんでしたので、そのうち三沢基地へ行って撮る事に。

では最初に航空自衛隊機からご覧ください。

JASDF F-2A No.13-8513
三沢基地の第3航空団第3飛行隊からの参加です。このF-2戦闘機も老朽化してきており、順次F-2戦闘機の後継機であるF-35Aに置き換わっていく予定です。現時点で米国から購入した完成機4機と国内組立5機の合計9機が三沢基地に配備され、最終的には航空自衛隊全体で42機体制になると言われています。
F-2戦闘機は米空軍のF16戦闘機をベースに、対艦攻撃能力を重視した設計となっており、F-16戦闘機よりひと回り大きくなっています。そのためF16戦闘機の面影が色濃く残っています。また、機体の塗装色は日本近海の海の色を調査して決められた「日本の海の色」だそうです。
今回展示されていたのは単座型のF-2Aですが、複座型のF-2Bもあります。

Jasdf_f2a_no138513_33_2018916_dmc00


Jasdf_f2a_no138513_33_2018916_dmc_2

JASDF F-15J No.62-8866
千歳基地の第2航空団203飛行隊からの参加です。F-15戦闘機も老朽化対策として、順次延命と近代化改造を受けており、今後しばらくは最も機数の多い主力戦闘機として位置づけられる見込みです。
この戦闘機にもF-15DJという複座型が存在しますが、展示されていたのは単座型のみでした。Jasdf_f15j_no628866_2203_2018916_dm


Jasdf_f15j_no628866_2203_2018916_ds

US Navy P-8A Poseidon No.YD 009
米海軍の哨戒機で、P-3Cの後継機として導入され順次このP-8Aに更新中です。ベースとなった機体が旅客機でお馴染みのB737なので、その面影が残っています。
海上自衛隊でもP-3Cの後継機に検討されましたが、日本側の要求仕様を満足していないことから、独自にP-1哨戒機を開発・導入するに至った経緯があります。大きな運用上の相違は日本の場合、長時間哨戒と低速・低高度で哨戒(特に潜水艦探知)する性能を求めていたのに対して、米海軍では高速で広範囲を哨戒することを重視した点だと言われています。Us_navy_p8a_poseidon_noyd_009_201_2

USAF A-10C No.OS AF 81 959
これは地上攻撃機で、独特のデザインと短めの主翼、機体後部両側に搭載されている大きなエンジンが特徴です。複雑な地形を這うように低空で飛び抜ける性能を有しています。
韓国のオーサン空軍基地(Osan AFB)からの参加です。Usaf_a10c_noos_af_81_959osan_abkore


Usaf_a10c_noos_af_81_959osan_abko_2

USAF A-10C No.OS AF 81 971
韓国のオーサン空軍基地(Osan AFB)から参加の僚機です。Usaf_a10c_noos_af_81_971osan_abkore

機種に突き出た30mmガトリング砲です。Usaf_a10c_noos_af_81_971_30mm_gatli


Usaf_a10c_noos_af_81_971_30mm_gat_2

USAF F-16C No.OS AF 89 043
韓国のオーサン空軍基地(Osan AFB)からの参加の3機のうちの1機です。
比較的小型な機体は優れた運動能力を持っています。
この機体はオーサン基地の第36戦闘飛行隊が1917年に創設され、100周年を迎えた記念塗装機です。Usaf_f16c_noos_af_89_043osan_abkore


Usaf_f16c_noos_af_89_043osan_abko_2

USAF F-16C No.WP 35th FS AF 90 735
韓国クンサン空軍基地(Kunsan AFB)から参加の機体です。Usaf_f16c_nowp_35th_fs_af_90_735kun


Usaf_f16c_nowp_35th_fs_af_90_735k_2

USAF F-16C No.WW AF 90 820
三沢基地に配備されている機体です。Usaf_f16c_noww_af_90_820_misawa_abj

USAF F-16D No.OS AF 90 779
F-16戦闘機の複座型で、韓国のオーサン空軍基地(Osan AFB)からの参加です。Usaf_f16d_noos_af_90_779osan_abkore

USAF F-16D No.WP AF 89 171
同じくF-16戦闘機の複座型で、韓国のクンサン空軍基地(Kunsan AFB)からの参加です。Usaf_f16d_nowp_af_89_171kunsan_abko

次回は「その5 救難訓練展示編」を予定しています。





« 横田基地日米友好祭2018 その3 特殊作戦機編 2018年9月26日掲載 | トップページ | 横田基地日米友好祭2018 その5 救難訓練展示編 2018年10月3日掲載 »

飛行機(民間機・軍用機)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ