« 百里基地在住のスズメとヒバリ 2018年7月4日掲載 | トップページ | 外国機を撮りに行ってきました 2018年7月15日掲載 »

2018年7月 7日 (土)

すだち(酢橘)の果実、だいぶ大きくなってきました。 2018年7月7日掲載

ベランダに4本の酢橘の木があり、そのうちの2本は果実を収穫するためですが、残りの2本はアゲハのために植えてあります。
4月初旬になると我が家のベランダで越冬したサナギが羽化して酢橘の木にとまり、しわくちゃの羽が日光に当って伸びるのを待つ姿が見られます。
そして新芽が少し伸びた頃に彼女らが再び4本の酢橘の木に産卵に訪れるのです。2014415_001

幼虫が15mmくらいに成長したらそっとやさしくつまんで、アゲハ用に育てている酢橘の木に移します。このくらいの大きさの時が、経験からすると最も移動先の葉に馴染むのが早く、すぐに可愛らしい足で葉につかまるのです。彼らにはここで成虫にまで成長してもらおうというわけです。

さて、アゲハの幼虫を移動させた果実収穫用の木は、これで葉を食べられる心配はなくなりました。5月になると蕾が大きくなり、次々と白い花が咲き、ベランダは爽やかな酢橘の花の香に包まれます。そして花は次々に受粉して花びらを落とし、そこにはまだメシベを付けたままの小さな果実が姿を現します。2014415_003

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_5

この時、果実はたくさんついていますが、この中から大きく成長させる果実を酢橘の木自身が決めていき、15mmくらいになるまでに次々と育たない果実がポロポロと日毎に落ちて選別されていきます。
さて、人間はその後に更に果実をわざと切り落とし、個々の果実の大きさを大きくしようと企てるのです。ところが私はこの作業をする時に頭の中で2つの思いが対立して、実際にはそれ程切り落とせないのが実際です。つまり、大きな果実を収穫したいという思いと、一方でたくさん収穫したいという思いの対立です。まさに今からそれが始まろうとしているのです。さて、今年はどのくらい切り落とせるでしょうか。

左側の早く咲いた花の果実をノギスで測ってみたら直径25mm、右側は18mmでした。これは2つとも切り落とされませんが、これから何日か観察するなかで小さいままで成育の遅いものを切り落としていきます。また、1か所にたくさん果実がついているところはその中の2個を大きくするために残して、他のものは切り落とす対象となるわけです。25_18_201874dsc_0001

これは直径24mmでした。これも切り落とし対象外です。24_201874dsc_0003

柑橘類は1本単独で育てるよりも、複数を傍に置いて育てるとそれぞれが競って多くの果実をつけるそうです。それにならって私も収穫用を2本にしました。
アゲハ育成用の2本は実は収穫した果実の種を植えておき、それが成長して大きくなった木なのです。これは一度も花をつけず、ただ鋭い棘ばかりが際立つ木なのです。その鋭い棘を切り落とすと翌年に出てくる新しい枝には更に鋭さを増した長く太い棘が出てくるのです。きっと、私の事を怒っているのでしょう。

収穫は果実が3cmくらいになったら行います。収穫した果実はチャック付き保存袋に入れて冷蔵保存すれば2~3ヵ月利用できます。
果汁は赤貝、あおやぎ、みる貝などのお造り、酢の物など、すりおろした果皮は冷奴、昆布締めした白身魚の握りなどに利用するとその爽やかで上品な香りと酸味が料理を引き立ててくれます。また、ウオッカに氷と炭酸水を加え、半分に割った酢橘を絞って皮ごと入れれば暑い夏の晩酌に最適です。




« 百里基地在住のスズメとヒバリ 2018年7月4日掲載 | トップページ | 外国機を撮りに行ってきました 2018年7月15日掲載 »

植物」カテゴリの記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ