« 外国機を撮りに行ってきました 2018年7月15日掲載 | トップページ | ハッカ(薄荷)の話(遠征レポート その1) 2018年8月2日掲載 »

2018年7月18日 (水)

羽田空港沖の空と海の風景 2018年7月18日掲載

行くたびに目を見張るのが東京湾羽田沖の空と海の交通量の多さです。

空に目をやれば複数の滑走路に時を同じくして着陸しようとする機体、その後ろには次の到着機の姿が。双眼鏡を覗けばそのまた次の姿も見えます。
その合い間をぬうようにこれまた複数の滑走路から離陸する出発機。ランウェイ エンドや誘導路上には離陸を待つ行列も。
さらに高度の高いエリアには目的地を目指して上昇中の幾つもの機体が見えます。空ならではの立体的な構図です。

海上に目を向ければ湾内へ入って来た船、湾口へ向かう船、そして湾内を横切る船の何と多いことでしょう。航路と航行速度が決まっているとはいえ、事故が起こらないことが不思議にさえ思えます。特に大型船はすぐには停止できませんから。
行き来する船を眺めていたら、4級小型船舶操縦士の免許の試験を思い出しました。試験場は多摩川河口の羽田沖で、当日は雨風に見舞われた悪天候で、艇は上下左右に大揺れでスロットルレバーが意思に反して前後に動きエンジン回転数が上がったり下がったり。見かねた教官が「スロットルの中ほどを持て!」とコツをアドバイスしてくれました。これで回転数は落ち着きましたが、人命救助試験で落水者に見立てたブイを拾い上げるのですが、波風と海流で近づけず、拾い上げるのは大変でした。しかし、この体験で荒天下でいかに艇を思うように動かすことが難しいかを叩きこまれ、少し操船技術を進歩させることが出来たのでした。

今回は空を行く飛行機と特に目をひいた船舶、そして城南島のスズメです。

空を行く飛行機
2018710dmc_0019

2018710dmc_0054

2018710dmc_0063

2018710dmc_0104

2018710dmc_0136

2018710dmc_0147

2018710dmc_0148

2018710dmc_0177

2018710dmc_0180

2018710dmc_0181

2018710dmc_0184_2

2018710dmc_0200

2018710dmc_0236

2018710dmc_0274

2018710dmc_0517

2018710dmc_0542

目をひいた船舶
海上保安庁の3000トン型測量船HL01「昭洋」
特徴としては内燃機関の動力で直接推進するのではなく、ディーゼル発電機による出力5700馬力の電気推進を採用していることです。最大速度:17ノット(時速約31.5Km)3000hl01_5700_2018710dmc_0119

海上保安庁の3000トン型測量船HL02「拓洋」
前述の「昭洋」と同型艦。3000hl02_5700_2018710dmc_0143

東京都港湾局のしゅんせつ船「海竜」
1410トン、航海速力12.5ノット(時速約23Km)で、特徴は掃除機でゴミを吸い取るように海底の泥を航行しながら吸い上げることが出来ます。1410_125_2018710dmc_0563

城南島のスズメ
ここのスズメはじっとしているとかなり近くまでチョンチョンとやって来ます。日陰に落としてしまったお菓子を砕いて撒いてあげたら食べに来てくれました。
ただ、硬めのお菓子だったので噛み砕くのが大変だったようで、あっちを向いたりこっちを向いたりしてカリカリやっていました。一旦飛び去ったので、もっと細かく砕いてあげたら食べやすそうでした。2018710dmc_0592

2018710dmc_0594

2018710dmc_0607

お知らせ:遠征のためおおよそ10日程更新を休ませて頂きます。

« 外国機を撮りに行ってきました 2018年7月15日掲載 | トップページ | ハッカ(薄荷)の話(遠征レポート その1) 2018年8月2日掲載 »

飛行機(民間機・軍用機)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ