« チョウゲンボウの雛たち、成長して若鳥に 2018年6月23日掲載 | トップページ | 百里基地在住のスズメとヒバリ 2018年7月4日掲載 »

2018年6月30日 (土)

ファントムを撮りに百里基地へ 2018年6月30日掲載

梅雨の中休みを利用してファントムを撮りに茨城空港の公園へ出かけてみました。雨は降らないものの、空気中の水蒸気が多く、もやっている状態でスッキリした写真は撮れませんでした。残念ですがそれは秋空に期待することにしました。

ところでこの場所が何故「百里」と呼ばれるようになったのかは諸説あるものの、本当の由来は不明のようです。
基地そのものは戦前に海軍百里ヶ原航空隊が駐屯していたそうで、戦後は地元の基地誘致運動から1966年7月に百里基地ができたとか。

さて、ファントムですが米海軍艦載機として開発され、1958年5月に初飛行し、日本では1966年に導入が決まり、1981年の生産終了まで154機が調達され、そのほとんどが日本国内でのライセンス生産だったそうです。
1989年から90機が延命と能力向上改修を受け、F4EJ改として現在に至っているそうです。しかし、寄る年波には勝てません。退役も間もなくでしょうから、撮るなら今のうちです。
この日も離陸寸前に不具合発生、格納庫に戻った機体もありました。地元の方によると前日も不具合が発生し、牽引されて戻った機体があったとのことでした。

前述のように艦載機として開発されたため、空母を持たない日本では不要のアレスティング・ギア(着艦フック)が付いているのが特徴です。
また、主翼幅70%の部位から12度の上反角で翼が上向きに反っていること、水平尾翼が主翼より上の位置にあり、それが23度の下反角で下を向いていることもユニークであり、その独特のカッコよさで、私を含めファンがいるというわけです。

ではこの日の飛行機をご覧ください。

F4EJ改
ファントムには戦闘機(F4EJ改)と501飛行隊の偵察機(RF4E、RF4EJ)がありますが、この日偵察機は残念ながら飛びませんでした。
では離陸する第302飛行隊機からスタートです。Jasdf_f4ej_no078434_90_7302_2018626

次々と離陸していきます。Jasdf_f4ej_no078436_7302_2018626dmc

この機体は胴体日の丸の下に電子戦ポッドを搭載しています。Jasdf_f4ej_no078436_7302_2018626dmc

排気ノズルの後ろに艦載機である証しのアレスティング・ギア(着艦フック)が見えます。また、水平尾翼が23度の下反角で下向きになっており、主翼より下の位置に取り付けられています。Jasdf_f4ej_no078436_7302_2018626d_2

訓練から戻って来て、今となっては滅多に見ることのないドラッグシュートによる減速をして着陸します。Jasdf_f4ej_no078434_7302_2018626dmc

展開したドラッグシュートはクランク状になっている誘導路でお尻を振り振りして切り離します。切り離された後は整備員によって回収され、折りたたんで再度機体後端にある収納部に収められ、次の使用に備えます。かつてその作業を担当した方によると、収納スペースが小さく、折りたたんで入れる時、木槌で叩いて押し込まないと収まらないのだそうです。Jasdf_f4ej_no078434_7302_2018626d_2

302飛行隊のT4練習機も離陸しました。Jasdf_t4_no065630_7302_2018626dmc_0

301飛行隊機も離陸です。黄色のスカーフを巻いた緑色のカエルが部隊マークで、宮崎県の新田原(にゅうたばる)基地からの異動です。Jasdf_f4ej_no978426_7301_2018626dmc

Jasdf_f4ej_no678378_7301_2018626dmc

Jasdf_f4ej_no578355_7301_2018626dmc

訓練空域へと向かいます。主翼の上反角と水平尾翼の下反角がよくわかります。Jasdf_f4ej_no978426_7301_2018626d_2

301飛行隊のT4練習機も離陸しました。Jasdf_t4_no265808_7301_2018626dmc_0

Jasdf_t4_no265808_7301_2018626dmc_2

Jasdf_t4_no065630_7302_2018626dmc_2

301飛行隊のファントムが訓練から戻って来ました。Jasdf_f4ej_no578369_7301_2018626dmc

Jasdf_f4ej_no578355_7301_2018626d_2

Jasdf_f4ej_no578369_7301_2018626d_2

中部航空方面隊司令部支援飛行隊(入間基地)のT4が離陸しました。よく見るとパイロット席の風防には桜のマーク2つが掲示されています。これは空将補が搭乗していることを意味しています。Jasdf_t4_no765756_2_2018626dmc_0215

百里救難隊のU125Aが離陸です。後続のヘリに先立ち救難現場へ向かい、遭難者を広域に捜索し、現場の情報を救難ヘリに連絡します。Jasdf_u125a_no023015_2018626dmc_035

Jasdf_u125a_no023015_2018626dmc_0_2

Jasdf_u125a_no023015_2018626dmc_036

捜索に向かったU125Aからの情報に基づき、救助に向かうのがUH60Jの任務です。この機体には機首に空中給油を受けるための給油プローブが装着されています。Jasdf_uh60j_no584581_2018626dmc_035

電子作戦群電子戦隊(入間)のYS11EAが離陸しました。Jasdf_ys11ea_no121162_2018626dmc_01

Jasdf_ys11ea_no121162_2018626dmc__2

航空支援集団飛行点検隊(入間)のYS11FCが飛来です。3回ほど航過飛行後飛び去りました。YS11の派生機も少なくなりました。退役も近いでしょうから、撮るのは今のうちです。Jasdf_ys11fc_no121160_2018626dmc_03

前回はスクランブルが発令され、2機が離陸して行きましたが、今回は滞在中幸いアラートハンガーの扉が開くことはありませんでした。Jasdf_2018626dmc_0199






























« チョウゲンボウの雛たち、成長して若鳥に 2018年6月23日掲載 | トップページ | 百里基地在住のスズメとヒバリ 2018年7月4日掲載 »

飛行機(民間機・軍用機)」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ