« 遠征レポート その4 クマゲラ | トップページ | ファントムを撮りに百里基地へ 2018年6月30日掲載 »

2018年6月23日 (土)

チョウゲンボウの雛たち、成長して若鳥に 2018年6月23日掲載

5羽の雛たちのその後の様子を見に行ってきたところ、無事にに巣立っていました。
先に巣立った雛は巣の周辺の電柱や枝に飛んでいき、成長して立派な若鳥になった姿を見せてくれたのです。でも、まだ自分で狩りをすることは出来ません。相変わらず親鳥の給餌に頼っていますが、親鳥も給餌を終えてすぐには狩りに出かけません。

後から巣立った雛たちも巣の前の梁に出て来て羽ばたきの練習や、少し離れた梁に飛び移ってみたりと元気な姿を見せてくれました。

では、梁に出てきた短距離飛行が出来るまでに成長した4羽からご覧ください。
2018619dmc_0137
近くの梁へ飛び移ります。2018619dmc_0092
先に巣立った1羽は近くの電柱で給餌を待っていました。2018619dmc_0030
別の電柱に飛び移り、給餌されたバッタをしっかりと足で握っていました。2018619dmc_0024_2
後から巣立った雛たちも橋桁のアーチへ飛び移って給餌待ちです。2018619dmc_0013
離れてとまっていた2羽が歩み寄って、肩を寄せ合っている愛らしい姿です。2018619dmc_0018
給餌の間隔が長いので、待ちくたびれて1羽は居眠りを始めました。2018619dmc_0016
やっと給餌を受けることができました。餌はカエルでしょうか?2018619dmc_0006
親鳥がバッタを咥えてこちらに向かってきました。すると巣の方からはキィキィキィと一斉ににぎやかな給餌を待つ鳴き声が聞こえてきました。2018619dmc_0114
給餌を終えると親鳥はすぐに狩りに出かけずに、暫らく若鳥たちから見えるところを旋回していました。若鳥たちを空腹にして狩りのテクニック伝授のタイミングを見計らっているのでしょうか。2018619dmc_0120

2018619dmc_0121

2018619dmc_0129
そして再び狩りに出かけていきました。2018619dmc_0133















« 遠征レポート その4 クマゲラ | トップページ | ファントムを撮りに百里基地へ 2018年6月30日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ