« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の記事

2018年5月30日 (水)

キアシシギ 狩りの様子 2018年5月30日掲載

再び多摩川へ。今回はキアシシギの狩りを撮りに行ってきました。なぜわざわざ出かけたかと言うと、コアジサシを撮りに行った時にすぐ近くの中州にキアシシギが頻繁に飛来して採餌していて、彼らの狩りの姿を間近で見るのは初めてだったからです。では、早速その時の様子をご覧ください。

キアシシギは流れの中の石に付いている昆虫などや環形動物を餌にしているとばかり思っていましたが、実際にはそればかりではなく通りすがりの稚魚を目にもとまらぬ早さで捕食するというアクティブな行動をとっていました。しかも嘴を開けて流れに顔を突っ込むときは目を瞑っています。恐らく目視のあとは嘴の先端や舌がセンサーとして機能し、魚の感触を感知すると瞬時に嘴を閉じて捕捉するのではないかな、などと勝手に推測して彼らの狩りを見させてもらったというわけです。なお、この日は捕捉確率70%くらいで、非常に良い成績でした。

狩りの基本的なプロセスは、まず流れの中で魚の通り道となっている所の水面を見つめ、魚影を見つけたらチョンという感じで嘴を水面に突っ込みます。そこで魚が逃げればその方向へツツッーと素早く追いかけます。捕捉したら浅瀬や中州に上がって、魚の暴れ方が落ち着いたところを見計らって、チュルチュルっと一瞬で一気飲みです。
興味深いのは捕捉した魚の多くが尾に近い部分を嘴で捕まれていることです。さて、何故そうなるのか?前述のように水中では目視ではなく、嘴の先端や舌で魚の感触を感知してから嘴を閉じると、どうしても目視で魚の行動を予測し、つかみかかるのに比べて時差が生じるためではないだろうかと、これまた勝手な推測に思いを巡らしてしまうのです。そして、咥えなおして魚の中央付近を咥えます。

狩場争いもあるようで、後から別の1羽が先にいるキアシシギの頭上から威嚇するように降り立ち、先にいた方が追われて走り去るといった場面もありました。

2018515_dmc_0400

2018516_dmc_0270

2018515_dmc_0223

2018515_dmc_0244

2018515_dmc_0247

2018515_dmc_0298

2018515_dmc_0300

2018515_dmc_0604

2018515_dmc_0725

2018516_dmc_0024

2018516_dmc_0026

2018515_dmc_0405

2018515_dmc_0213

2018515_dmc_0214

2018515_dmc_0195


















2018年5月26日 (土)

スッポンとライギョ 2018年5月26日掲載

コアジサシやキアシシギなどの野鳥にならって私も水面を覗き込んでみました。この日の川には鯉、稚鮎、アカミミガメなどの姿がみられましたが、意外だったのがスッポンにライギョがいたことでした。
スッポンは天然のものか、養殖されていたり飼われていたものが逃げ出して野生化したものか不明ですが、久しぶりに見たのでシャッターを切ったのでした。
スッポンと言えば鍋料理や雑炊に始まり、生々しいのですが生き血の赤ワイン割りなどが代表的な料理法でしょう。栄養豊富なスタミナ食と言われていますが、食糧事情の良くなかったかつての話ではないでしょうか。

さて、次はライギョです。ライギョにはカムルチーとタイワンドジョウの2種類があるそうです。また、頭部が蛇に似ていることからスネークヘッドとも呼ばれています。
日本ではこの両者を総称してライギョと呼ばれているようです。
簡単な見分け方は背びれの形状で、背びれの始まりから終わりまで同じ高さなものがカムルチー、始まりから概ね2/3の辺りまで低く、そのあと高くなっているものがタイワンドジョウだそうです。それからすると、私が撮ったのはどうやらカムルチーのようです。
カムルチーは1923~1924年頃に朝鮮から奈良県に移入され、タイワンドジョウは1906年に大阪府堺市に移入されて、それぞれ各地に広がり今に至っているそうです。
2018515_dmc_0133

2018515_dmc_0137

2018515_dmc_0171

2018515_dmc_0107

2018516_dmc_0061

2018516_dmc_0062








2018年5月23日 (水)

酒匂川のイソシギ、コサギの諍い、コチドリ、稚鮎、ニホントカゲ 2018年5月23日掲載

酒匂川の続編として、今回はコアジサシ以外に見かけた野鳥と生き物をご覧ください。
最初はイソシギの登場です。突然飛来しいてすぐに飛び去ってしまいました。飛んだ時の翼に現れる白いストライプが個人的には結構気に入っています。

2番目はコサギです。鳥自体は珍しくもありませんが、この時はたまたま諍いが発生して、片方は水面に叩き落されてしまったという特別な状況だったので、掲載させて頂きました。

3番目の登場はコチドリです。縄張り争いなのか求愛なのかわかりませんが、1羽がもう1羽を鳴きながら猛スピードで追いかけ回していました。そのため、ファインダーの中で追尾するのに苦労しました。黄色のアイリングが目立つ可愛らしい顔つきの小鳥です。

4番目は稚鮎の出番です。ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カワウ、カワセミ、キアシシギ、ユリカモメ、ウミネコなど、敵の数を挙げればたくさん挙げられますが、彼らのエサとして毎日とてもたくさんの稚鮎たちが犠牲になっています。それでも毎年たくさんの稚鮎が生まれてくるわけですから、犠牲になる数があらかじめ見積もられているのではないかとさえ思えます。

最後はニホントカゲですが、最近あまり見かけなくなりました。きっと人の手が川のすぐ近くまで及んでいるからなのだろうと勝手な説を唱えて、自分を納得させています。


2018512_dmc_0014_2

2018512_dmc_0219

2018512_dmc_0220

2018512_dmc_0007_2

2018512_dmc_0008

2018512_dmc_0110

2018512_dmc_0654

2018年5月19日 (土)

コアジサシの求愛給餌 酒匂川 2018年5月19日掲載

小田原市の酒匂川に行ってみたら、今年は個々の群れで概ね40~60羽、目視で確認できる範囲で合計およそ150羽以上のコアジサシがいました。
機動飛行や狩りの姿は既に多摩川の彼らの姿を紹介させて頂きましたので、今回は酒匂川のコアジサシたちの求愛給餌をメインにご覧頂こうと思います。
コアジサシは小田原市の「市の鳥」として市民に親しまれていますが、過去には殆ど飛来してこなかった年もあり、ずいぶん心配されたましたが、その後回復して増加傾向にあるようです。
では、早速恋の季節真っ盛りの彼らに登場してもらいます。

今の季節は雄が雌に狩りの獲物をプレゼントして愛を育む求愛給餌をよく見ることができます。なかなか気に入ってもらえず、そっぽを向かれることもあるようで、困った様子の雄を見ることもあります。

2018512_dmc_0051
獲物を持ってきたものの....2018512_dmc_0447

2018512_dmc_0450
中州にはたくさんの休憩中のコアジサシたちの姿が。2018512_dmc_0101

2018512_dmc_0196

2018512_dmc_0366_2

2018512_dmc_0379_2

2018512_dmc_0513

2018512_dmc_0462_2

2018512_dmc_0566_2
果たして受け取ってもらえるのか?2018512_dmc_0064_2
持ってくればいいというものではないようです。2018512_dmc_0081

2018512_dmc_0591
受け取ってもらえました。2018512_dmc_0472
さらにもう一匹持参しました。雌は同じところで雄の求愛給餌を待っているようでした。2018512_dmc_0474

2018512_dmc_0475

2018512_dmc_0197










































2018年5月16日 (水)

ユリカモメ 夏の装いで登場 2018年5月16日掲載

久しぶりに神奈川県の酒匂川に行ってみました。そもそもコアジサシの様子を見にったのですが、それは次回に掲載させて頂くとして、今回はコアジサシ以外の野鳥で初夏を感じて頂こうと、夏羽に衣替えしたユリカモメを紹介させて頂きます。

現場に行ってコアジサシの撮影ポイントを探していたら、目に飛び込んできたのは墨壺に頭を突っ込んだような顔だけ真っ黒な白装束の野鳥でした。双眼鏡で確認したら、それは夏羽に衣替えしたユリカモメでした。
では、その変貌したちょっとユーモラスな姿をご覧ください。
2018512_dmc_0290

2018512_dmc_0294

2018512_dmc_0349

2018512_dmc_0352
狩りの仕方はコアジサシと違って、水面を低空で飛んで魚影を見つけるとチョンチョンと水面をつつくような仕種で獲物を捕らえたらひとまず着水します。そして再び離水して飛びながら横に咥えていた魚を縦に咥えなおして一気飲みでした。これがその時の写真です。2018512_dmc_0647

1_2018512_dmc_0650
縦に咥えなおして一気飲み開始!2_2018512_dmc_0651
一気飲み完了です。3_2018512_dmc_0652










2018年5月12日 (土)

ハシブトガラス ムクドリを捕食 2018年5月12日掲載

今回は生々しい場面ばかりである事を予め申し上げておきます。
この場面を見て私のハシブトガラスのイメージが大きく変わりました。それほど私にとって衝撃的だったのです。
ハシブトガラスと言えば生ごみを漁るとか、漁港でこぼれ落ちた魚を食べる姿を思い浮かべますが、この時は何と水を飲みに来たムクドリを襲って足で掴んで押さえつけ、弱ったら食べやすい場所に移動したのです。それは正にオオタカやツミ、チョウゲンボウなどの猛禽類の狩りを彷彿させる行動でした。
もしかしたら、カラスは頭が良いと言われているので、猛禽類の狩りを学習したのかもしれません。

では、その一部始終をご覧ください。

ハシブトガラス ムクドリを捕食

堰の下で水を飲みにやって来たムクドリを襲い、弱らせてから咥えて移動です。201855_dmc_0386
201855_dmc_0387
羽をむしり始めました。ムクドリはもうぐったりしています。201855_dmc_0391
どうやら肛門から内蔵を取り出そうとしているようです。他のカラスやトビなど横取りする者がいないか周囲を警戒しています。201855_dmc_0396
さかんに羽をむしっています。201855_dmc_0404
ムクドリにはまだ息があり羽をバタつかせて抵抗しています。それを見てハシブトガラスは足で押さえつけました。201855_dmc_0408_2
201855_dmc_0414
内蔵を引っ張り出して堰の監視塔の下の目立たない場所へ持っていき食べているようでした。残った肉の部分がこれです。201855_dmc_0425
肉の部分も内臓を食べた監視塔の下の目立たない場所へ持ち込むところです。201855_dmc_0432
























2018年5月 9日 (水)

コアジサシ定着の気配 2018年5月9日掲載

前回に引き続きコアジサシの姿を紹介させていただきます。
この日も採餌が活発な早朝を狙って現場に到着。堰の上には採餌後に休息する彼らの姿をおよそ20羽くらい見ることができます。今季はコロニーが形成されることが期待できそうです。
さて、採餌が再開され、メインの狩りは相変わらず対岸側ですが前回のように時々こちらへ来てくれません。それなら対岸へ行ったら良いのではと考えがちですが、こちらの方が光線の条件が勝ることと、背景に人工構造物が入りにくいこと、コアジサシ以外の野鳥撮影のチャンスがあることなどから、個人的にこちら側のファンなのです。
では、彼らの見事な飛行術をご覧ください。

201855_dmc_0029_3

201855_dmc_0031_3

201855_dmc_0032_3

201855_dmc_0034_3

201855_dmc_0037_2

201855_dmc_0038_3

201855_dmc_0071_3

201855_dmc_0072

201855_dmc_0075

201855_dmc_0087

201855_dmc_0273

201855_dmc_0288

201855_dmc_0289

201855_dmc_0337

201855_dmc_0351

201855_dmc_0352

201855_dmc_0354

201855_dmc_0445

201855_dmc_0446_01

201855_dmc_0450

2018年5月 8日 (火)

コアジサシの機動飛行を拝見 2018年5月8日

今回はコアジサシの巧みな飛行術をご覧頂こうと思います。
比較的羽ばたきはゆっくりなのですが、そのスピードは非常に速く、しかも突然ホバリングをしたり、急上昇に急降下、そして獲物めがけて真っ逆さまに水面に飛び込むかと思ったら、離水するや否や飛びながら体をねじってブルブルと震わせて水切りをしたり観察する私たちを飽きさせません。
それではそんな彼らの巧みな飛行術をご覧ください。

コアジサシの機動飛行
201852_103dmc_0125

201852_103dmc_0150

201852_103dmc_0511

201852_103dmc_0596

201852_103dmc_0714

201852_103dmc_0782

201852_103dmc_0797

201852_103dmc_0868

201852_103dmc_0880

201852_103dmc_0900

201852_103dmc_0940_2

201852_103dmc_0942

201852_104dmc_0017

201852_104dmc_0064

201852_104dmc_0098

201852_104dmc_0099

201852_104dmc_0125

201852_104dmc_0150

201852_104dmc_0151

201852_103dmc_0649_2

201852_103dmc_0654

2018年5月 7日 (月)

コアジサシの狩りを拝見 2018年5月7日掲載

お知らせ
私のPCとの相性が悪いのか個々の写真の説明文を入れると改行が正常に行われないなど不具合が発生してしまいますので、今回から冒頭の解説文に内容の説明を集約させていただき、個々の写真のあ説明文は省略させていただきます。

この日はおよそ20羽以上が乱舞して、狩りを披露してくれました。天候が曇りだったのが残念ですが、青空に乱舞する写真はまたの機会に掲載させていただきます。
高速飛行をしながら稚鮎の影を見つけることのできる凄い目の持ち主で、見つけるやいなやすぐさまホバリングに移行し、狙いを定めて垂直に水面へと突っ込むその姿は圧巻です。
狩りは失敗することも多く、体力勝負の感もあります。今の時期は獲物を雌にプレゼントをする求愛給餌を見ることができます。

コアジサシ
201852_103dmc_0242

201852_103dmc_0415

201852_103dmc_0422

201852_103dmc_0516

201852_103dmc_0462

201852_103dmc_0064

201852_103dmc_0215

201852_103dmc_0278

201852_103dmc_0314

201852_103dmc_0781

201852_103dmc_0920

201852_103dmc_0928

201852_104dmc_0037

201852_104dmc_0066

201852_104dmc_0071

201852_104dmc_0074

201852_104dmc_0145

2018年5月 6日 (日)

今季初物 コアジサシとサクランボ好きのムクドリ、カワラヒワそしてボラ 2018年5月6日掲載

コアジサシの様子を見に行ったところ、8羽を確認できました。今日はチャンスがあるぞと期待に胸膨らませ、撮影準備にとりかかったところ、彼らは何処かへ飛び去ってしまったのです。
その後40分程度待っていたら戻って来たのですが、採餌の場所は対岸側。こちらには来てくれません。たまに1~2羽が気を使ってくれているようにこちら側に飛来する程度でした。
1時間程経過したころ、彼らは再び何処かへお出かけとなり、戻ってこないので散策路を探鳥することにしました。
では今季初物のコアジサシと散策路で出会った野鳥などをご覧ください。

コアジサシ
久しぶりに姿を見たのですが、前述の状況ゆえ、撮れた写真は数枚だけ。次回に期待することにしました。
201851dmc_0029

201851dmc_0034


サクランボ好きのムクドリ

散策中にムクドリが頻繁に出入りしている木を発見しました。近づいてみるとその木にはサクランボがたわわに実っていたのです。それを目当てにムクドリたちがやってくるのでした。彼らにすれば大きすぎる程の大きさのサクランボですが、口をめいっぱい開けてやっと呑み込んでいます。この家の方が収穫いらしても平気で食べまくっていました。
201851dmc_0080

201851dmc_0084

201851dmc_0088

カワラヒワ
まさか今の時期に出会うとは意外でした。梢でめいっぱいの囀りをして、僕はここにいるよ~とアッピールしているようでした。201851dmc_0096

ボラ
川の中を覗いてみたら30cmくらいの魚の群れがぐるぐると回っていました。双眼鏡で確認したら、それはボラでした。ボラと言えばその魚卵から作る「からすみ」を連想してしまいます。何故かと言うと毎年お正月用に自家製の「からすみ」を作っているからです。興味のある方は2017年12月23日掲載の記事をご覧ください。201851dmc_0001
次回は再びコアジサシに挑戦してみる予定です。臨場感のある写真を掲載できると良いのですが....

2018年5月 5日 (土)

ホオジロ、カワウ、クマバチ、そして水の中にはコクチバスと稚鮎が 2018年5月5日掲載

再び春爛漫の多摩川の様子を紹介させていただきます。
河原には様々な雑草が花をつけています。そして散策路を歩いてそっと耳を澄ませば、近くの茂みから雛の声が聞こえてきました。木々の葉は新緑よりさらに力強さを増して若葉へと成長しています。では最初にホオジロに登場してもらいましょう。

 

ホオジロ雄
枯れ枝にとまって天を向き、盛んに囀っていました。僕はここにいるよ~っと雌にアッピールしているのでしょう、春ですから。あまりに大きな声を張り上げているので、声が出なくなってしまうのではと心配するほどです。
2018428dmc_0109

2018428dmc_0202

2018428dmc_0215

2018428dmc_0221

 

2018428dmc_0222

 

カワウ
低空飛行が得意のようで、よく川面スレスレに飛んでいる姿を見ることができます。
2018428dmc_0070

 


トビとカラスの空中戦

1羽のトビがカラスの防空識別圏に近づいてきたところ、2羽のカラスがスクランブルをかけて飛び上がって来ました。上下左右から執拗にトビの進路を妨害していました。
2018428dmc_0234

2018428dmc_0233

 



クマバチ

散策路を歩いていると周りをブ~ンと羽音をたててホバリングをする大きな蜂が。つまり、私が彼らの縄張りに入っていったのでスクランブルをかけてきたのです。それも場所によっては3~4匹もいて取り囲まれてしまうほどです。このクマバチはよほど彼らを刺激しない限り襲ってくることはないと言われていますが、その迫力にはちょっとたじろいでしまいます。飛んでいる時は触角を立てていて、大きな目も手伝って結構可愛い顔をしています。
2018428dmc_0245

2018428dmc_0250_2

 




コクチバス
川の中を覗いてみました。何やら見かけない大きな魚が2匹。最初はブラックバスかと思いましたが、模様がどうも違うので調べてみたところコクチバスのようです。北米原産の外来魚で遊漁対象として持ち込まれたと言われています。2018428dmc_0257

2018428dmc_0267









 





稚鮎

流れの緩い所には稚鮎が群れていました。まだこの大きさではコアジサシのエサにはならないので、その姿がないことに納得しました。2018428dmc_0232

2018年5月 4日 (金)

イソシギ 2018年5月4日掲載

そろそろコアジサシの姿も見られるのではないかと多摩川へ出かけてみました。
ところがその姿はどこにも見当たりませんでした。せっかく来てみたので暫らくコアジアシが現れるのを待つことに。しかしその気配は全くないので他の野鳥を探すことにしたら、比較的近くにイソシギがいました。そっと12~3mまで近づきましたが、その行動に変化はありません。
久しぶりの対面だったので新鮮さもあり、ファインダーを覗きっぱなし。そのうち鳩の群れがバサーッとやってきたので飛び去ってしまいました。

 

イソシギ

のんびりと羽繕いをしています。まさにリラックスタイムと言う感じです。
そして餌を探しに歩き回り始めました。立ち止まってはチョコチョコチョコと足早に動き回る
ので、うっかりしているとすぐにファインダーの外へ行ってしまいます。





2018428dmc_0123_3

2018428dmc_0142
隣りの岩へ飛び移ろうと構えているところです。2018428dmc_0153
飛ばずにピョンと飛び移りました。意外とジャンプ力があります。
2018428dmc_0155

2018428dmc_0170_2
歩き方はアメリカを拠点にしている有名なウォーキングの先生の歩き方を連想させます。鳩の群れがやって来たので飛び去ってしまいました。2018428dmc_0180

2018428dmc_0227_2

2018428dmc_0013

2018428dmc_0061

2018年5月 3日 (木)

アゲハの幼虫が脱皮しました 2018年5月3日

ベランダに酢橘の木が4本あり、そのうち2本はアゲハ育成のためにあります。毎年春になると4本の酢橘の木に卵を産みにやって来ます。今年も孵った幼虫が15mmくらいになったら、上述の育成用の2本に移し羽化させます。
さて、今日15:30頃に黒っぽかった幼虫が脱皮をはじめました。最初に頭の部分が割れてきたので、急いでカメラを取りに行ったのですが、脱皮が始まるとそのスピードは意外に早く、既に3分の2は新しい黄緑色の姿になっていました。
頭の部分には既にトレードマークのヘアバンドをしています。脱皮途中からですが、なかなか見るチャンスが少ないものなので掲載させて頂きました。

体をくねらせながら、黒っぽい衣装を脱いでいきます。
201853_dsc_0002

201853_dsc_0004_2

201853_dsc_0005

もう少しで脱皮完了です。頑張れ!201853_dsc_0010

お尻をグッと持ち上げていよいよ脱皮も終盤へ。
201853_dsc_0011

最後にお尻を左右に振って脱皮終了となります。スズメがここに幼虫がいることを知っていて、捕食にやってきます。サナギになるまで私も警備を強化することになります。スズメも子育てのため、タンパク質を求めてやってくるのでしょうが、全部を捕食しないようにしてほしいものです。
201853_dsc_0012_2

脱皮を終えて疲れたのか、しばらくじっとしています。201853_dsc_0015

2018年5月 2日 (水)

ツミ 営巣中でした その4 2018年5月2日掲載

今回で「その4」となるツミの営巣中の様子ですが、今のところまだ抱卵の兆候は見られませんでした。産卵に備えて体力づくりに励む雌の姿と狩りに忙しくなってきて、少々疲れ気味と見受けられる雄の様子をご覧ください。

日の出が早くなったのに合わせて、野鳥たちの行動開始も早くなっているようです。それに合わせて、私も早出をすることにしました。つまり、ツミが最初の狩りに出かける時間が早まったので、帰って来たころを見計らっての現着を試みたというわけです。
到着すると雌も雄も枝にとまって食休みの様子でした。特に雄はトロ~ンとした目で、少々疲労がたまっているようです。それとは対照的に雌は休息中とはいうものの、金色の鋭い視線で周囲を見回していました。
では当日の様子をご覧ください。

ツミ 雄
だいぶお疲れの様子です。でも、この後再び狩りに出かけました。2018426dmc_0099

2018426dmc_0108

ツミ 雌
じっとしていましたが、雄が狩りから戻って来たのを感じて立ち上がったところです。2018426dmc_0020
雄が雌(左側)のもとにやってきて、どうやら獲物を渡したようです。2018426dmc_0012
獲物を受け取った雌は近くの枝へ移動して食べ始めました。周囲に注意を払いながら獲物を足でおさえながら食べています。咥えているのは小鳥の足のようです。もも肉を味わっているといったところでしょうか。2018426dmc_0293_2

2018426dmc_0318
おっと、もも肉を落としてしまいました。2018426dmc_0365
観察していたら、小鳥の足をいくつも食べていたので、もしかしたら鳩の雛でも数羽捕って来たのかもしれません。足の骨ごと食べていたようなので、これから産卵する卵の殻に必要なカルシウムを摂取しているのかな?子供の頃、飼っていた鶏に時々貝殻を割って与えるようお爺ちゃんに言いつけられたのを思い出したので、そう連想しました。2018426dmc_0334
ツミの様子は今回でひと段落させて、雛が姿を見せたころに再度掲載しようと思っています。よって、次回は久しぶりに川に行ってみようと思っています。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ