« イソシギ 2018年5月4日掲載 | トップページ | 今季初物 コアジサシとサクランボ好きのムクドリ、カワラヒワそしてボラ 2018年5月6日掲載 »

2018年5月 5日 (土)

ホオジロ、カワウ、クマバチ、そして水の中にはコクチバスと稚鮎が 2018年5月5日掲載

再び春爛漫の多摩川の様子を紹介させていただきます。
河原には様々な雑草が花をつけています。そして散策路を歩いてそっと耳を澄ませば、近くの茂みから雛の声が聞こえてきました。木々の葉は新緑よりさらに力強さを増して若葉へと成長しています。では最初にホオジロに登場してもらいましょう。

 

ホオジロ雄
枯れ枝にとまって天を向き、盛んに囀っていました。僕はここにいるよ~っと雌にアッピールしているのでしょう、春ですから。あまりに大きな声を張り上げているので、声が出なくなってしまうのではと心配するほどです。
2018428dmc_0109

2018428dmc_0202

2018428dmc_0215

2018428dmc_0221

 

2018428dmc_0222

 

カワウ
低空飛行が得意のようで、よく川面スレスレに飛んでいる姿を見ることができます。
2018428dmc_0070

 


トビとカラスの空中戦

1羽のトビがカラスの防空識別圏に近づいてきたところ、2羽のカラスがスクランブルをかけて飛び上がって来ました。上下左右から執拗にトビの進路を妨害していました。
2018428dmc_0234

2018428dmc_0233

 



クマバチ

散策路を歩いていると周りをブ~ンと羽音をたててホバリングをする大きな蜂が。つまり、私が彼らの縄張りに入っていったのでスクランブルをかけてきたのです。それも場所によっては3~4匹もいて取り囲まれてしまうほどです。このクマバチはよほど彼らを刺激しない限り襲ってくることはないと言われていますが、その迫力にはちょっとたじろいでしまいます。飛んでいる時は触角を立てていて、大きな目も手伝って結構可愛い顔をしています。
2018428dmc_0245

2018428dmc_0250_2

 




コクチバス
川の中を覗いてみました。何やら見かけない大きな魚が2匹。最初はブラックバスかと思いましたが、模様がどうも違うので調べてみたところコクチバスのようです。北米原産の外来魚で遊漁対象として持ち込まれたと言われています。2018428dmc_0257

2018428dmc_0267









 





稚鮎

流れの緩い所には稚鮎が群れていました。まだこの大きさではコアジサシのエサにはならないので、その姿がないことに納得しました。2018428dmc_0232

« イソシギ 2018年5月4日掲載 | トップページ | 今季初物 コアジサシとサクランボ好きのムクドリ、カワラヒワそしてボラ 2018年5月6日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ