« オナガの群れ 2018年4月25日掲載 | トップページ | キジバト、オナガも営巣中でした 2018年4月30日掲載 »

2018年4月28日 (土)

ツミ 営巣中でした その3 2018年4月28日掲載

再びツミの様子を見に行ってきました。巣の近くにいる時間帯が早くなっているようなので、この日も早めに現着することにしたのですが、着いてみると鳴き声もしませんしどこにもその姿がありません。まずは林の中に入って探索することにしました。するとカメラを構えていらっしゃる方が1人、そして次の瞬間別の枝へ飛び移る鳥の姿を発見!それは雌のツミでした。
ところがそのとまった枝は小枝に阻まれ、実に撮りにくいのでした。あちこち移動して抜けているところを探し、何とかシャッターを切ることができたのです。
さて、雄はどうしたのかと探してみたら、これもまた撮りにくいところでトロ~ンとした目でうたた寝状態。何とも締まらない写真となりました。
では、この日のツミの姿を掲載させて頂きます。

ツミ雌

金色の目がいかにも猛禽類であることを象徴するように精悍さを引き立てています。2018420dmc_0003
あちこち見回して、睨みを聞かせていました。
2018420dmc_0004

2018420dmc_0006_2

2018420dmc_0012_2

2018420dmc_0020_2
巣に戻ってこの日も赤松の葉を引きちぎっては敷き詰める作業をしていました。産卵が近い事を予感させます。
2018420dmc_0103_2

2018420dmc_0262_2
枯れた赤松の小枝を調達にやって来ました。このところ強風の日が多いので、もしかしたら巣の修理が必要なのかもしれないなどど、勝手に思いめぐらしてしまいました。
2018420dmc_0137
細い枝が欲しいのでしょうが、とまるには枝が細すぎてバタついていました。2018420dmc_0139

2018420dmc_0141

2018420dmc_0143
巣の補強もひと段落したようで、休憩に入りました。2018420dmc_0286

2018420dmc_0331
ツミ雄
雄を探してみたら眠そうな目で後ろ向きにとまっているのを見つけました。ここも実に撮りにくい場所で、抜けているところを探すのに一苦労、おまけにその場所は足場が悪いときています。よって、この2枚だけとなりました。2018420dmc_0085

2018420dmc_0125

« オナガの群れ 2018年4月25日掲載 | トップページ | キジバト、オナガも営巣中でした 2018年4月30日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ