« チョウゲンボウ 狩りの腕前拝見 その1 見張りの様子 2018年4月4日掲載 | トップページ | チョウゲンボウ 日常の生活は子育てに向かって 2018年4月11日掲載 »

2018年4月 7日 (土)

チョウゲンボウ 狩りの腕前拝見 その2 狩りの様子 2018年4月7日掲載

今回は前回の続きで、チョウゲンボウが見せてくれた見事な狩りの様子をご覧ください。
この日も狩りは公園外の畑や民家の庭先で行われました。どうやら今季は園内にカナヘビがいないようです。
ところで獲物のカナヘビですが、私も子供の頃にカナチョロと呼んでいて、ヤモリやニホントカゲと並んで身近な遊び相手という存在でした。
名前に「ヘビ」とつきますがカナヘビ科カナヘビ属の爬虫類で、トカゲのように前後に足があり、長さは25~27cmくらい、尾はその2/3を占めるほど長いことと、舌の先が蛇のように2つに分かれていることから名前に「ヘビ」とついたのかもしれません。なお、カナヘビの名前の由来はどうやら不明のようです。
春から夏に数回、長さ1cm、直径6mmくらいの白い楕円形の卵を数個産卵し、寿命は意外と長寿で7年くらい生きるそうです。
では狩りの様子をご覧ください。

チョウゲンボウ
園外の枝で見張っていましたが、カナヘビの動きを察知したようで急降下し、低空でロックオンした目標に向かいました。201842dmc_0040
狙いを定めて巡行ミサイルのように低空飛行で忍び寄ります。201842dmc_0252

201842dmc_0254
ターゲットは葱畑の向こう側にいました。逃げようとするカナヘビを足で押さえつけているようです。201842dmc_0247
獲物をしっかりと咥えてこちらへやって来ます。201842dmc_0047

201842dmc_0050

201842dmc_0058
さて、どこへ行くつもりなのでしょうか。パートナーにプレゼントかな?201842dmc_0069
行く先は樹上でした。そこでカナヘビを足で掴んで、むしって食べています。201842dmc_0133

201842dmc_0145
カナヘビはまだ生きているようで、尾をバタつかせチョウゲンボウの顔を叩いています。201842dmc_0153
食べ終えると、引き続きセカンドステージです。今度は見晴らしの良いTVアンテナで360度監視中です。201842dmc_0350_2
再び獲物の動きを察知したようです。スーッと民家の庭先へ向かって舞い降りました。201842dmc_0351_2
民家の門の外の出て来て、捕らえたカナヘビを食べています。足から長いカナヘビの尾が出ています。201842dmc_0360
被写体になっているのを察知したようで、こちらを見ています。この後飛び立ち、住処に獲物を持ち帰り食べていました。201842dmc_0363

« チョウゲンボウ 狩りの腕前拝見 その1 見張りの様子 2018年4月4日掲載 | トップページ | チョウゲンボウ 日常の生活は子育てに向かって 2018年4月11日掲載 »

生き物(野鳥・昆虫・動物)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ